コラム

2015年4月 5日 (日)

転勤しました

えーこのたびの人事異動で,女川町立女川小学校から,石巻市立山下小学校に転勤しました。

女川でお世話になった皆様,どうもありがとうございました。いろいろな貴重な経験をさせていただきました。また,何かの機会があってお邪魔する時がありましたら,どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

一つのことはそれだけじゃない

最近余計なことを考えてしまう。

『今日は全員で遊ぶ日,ドッチビーをやります!』
「イエ―!!」
ん,あ,全員喜んでるかな。でかい声に隠れてるなあ。

「先生,昨日ね,~があってね…。」
『あ,そうそれはよかったね。』
話も聞いているけど脳みその半分で『最近,○○○ちゃん来ないなあ。』
...
浜松でノロウイルスで大変だったそうな。
パン屋さん,どうすんだろうなあ。
来週まで給食なしとか。家から苦情が来るだろうなあ。
あ,被害を受けた人のことをまず考えねば。

「…他に意見はありませんか。」っていう会議の一幕。
そりゃないわけないわなあ。でもみんな黙ってるよねえ。
俺が言うのを待ってるのかなあ。ここで言わなかったらこのままいくのかなあ。
この体質を変えないとホントの意味では変わらないんだけどね。
とりあえず,言っておくかあ。

なんかそのまま額面通り受け取れない,受け取らない場面が多くて,ちょっと自分に混乱。余計な疲れ方してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

新年あけまして

おめでとうございます。

とはいってもとっくに明けていますけどね。

よく新年にあたって今年の目標とか決めたりしますが

私の場合,どうもそういうのは苦手です。

決めていても結局うやむやになってしまうのがほとんど。

ホント意志が弱いですね。

まあ,ずっと楽しく知的な授業と笑いがあふれる学級を常に目指しているので,わざわざ決める必要もないし,決めたところで忘れちゃうし。二つも三つも意識できない。

クラスでもそうですね。

うちのクラスは一年間,学級の目標しか振り返りません。

今日のめあてとか決めないし,

月の生活目標も振り返らない(すみません)。

目指すものは一つ,ですよ。やっぱり。

ところで,今年も妻のおせちづくりを手伝いました。(ほんの一部ですが)

料理はクリエイティブで楽しいなあ,とか思っていたら

「あ,そうか。そういえばクリエイティブな仕事とかものづくりとか好きだったな。」

と,改めて自分に気づきました。

今年もクリエイティブに過ごそう。(ん?今年の目標になってる?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

おっと

うかつだった…。ハンドルネームでJJを名乗っているにもかかわらず、「じぇじぇじぇ」の流行りに乗っかるのを忘れていたとは…

ということで、今日からハンドルネームは「じぇJJ」に替えます。

このブログも「じぇJJの『楽しくなければ学校じゃない』」にタイトル変更!!(嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

そら恐ろしい

何年か前よりいろいろ見えるようになり、いろいろ感じるようになり、そうするといろいろ苦しくなるわけで。逆に言うと、今までこんなことに気づいていなかったのかと思うと、恐ろしくなるわけです。見過ごしてきたなあ。あ、クラスのこと、子どものこと、授業のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

肉離れだぜい

先々週の金曜日に、朝マラソンで走っていたら…。

ぴきっ

って右足ふくらはぎから音がしたんです。

あ~やっちゃったなあ、って思って

放課後に病院に行ったら

「肉離れですね。ま、3週間もすれば治るよ。」だって。

今日で1週間ちょっと過ぎました。

ようやく足を引きずらずに歩けるようになったものの、まだ普通のスピードで歩けない。

何が大変って、机間指導がしんどい。活動中心の授業が多くなっている現在、これは結構ネックです。

あと、子供が何かしたときにおっかけられない(笑)。

ま、そんなときは「ちょっと来い!」とこわもての顔で言えば大体OKなので、

この辺はあんまり問題じゃない(笑)。

せっかく子供たちとサッカーできる立場になったのに、しばらく中断です。

やれやれ。楽あれば苦あり、だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

わかちあうための記念日

昨日、今日はどこのチャンネルでも「3・11から1年」でしたね。

今年1年、何をしたのか、何を考えていたのか、何を感じていたのか、憶えているようで憶えていないような、そんな1年でした。

「この日のことを忘れないために…」と、出演者がよく話していました。最初は「そんな、忘れるわけないじゃない。何言ってんだよ。」と思っていました。しかし、あとで、思い直しました。

 

 私は、被災者だから「忘れるわけがない。」と思ったのだと。

 

失礼ながら、私自身、奥尻島の津波被害や中越地震の被害のことをぼんやりとしか憶えていないのです。当事者じゃないからなのでしょう。恥ずかしくなりました。

「あ、このしつこいまでのキャンペーンは、みんなで、日本国民全体でこの悲劇の記憶を共有するため、被災者の悲しみを分かち合うためのものだったのかもしれない…。忘れていけないのは当事者以外の人々に呼び掛けているんだ…。」

そう気づきました。

海外でも今日の2:46に合わせて黙祷をしたり、献花をしてくれたりしているようです。その気持ちが有り難いです。

今日は、どこかのイベントに行って献花してこようかとも思いましたが、混雑することで私よりも悲しみが大きい人たちが迷惑するのもどうかと考え、家で黙祷しました。

大川小にも未だに行けていません。早く行ってみなくちゃ、とは思うのですが忙しさを口実に避けてしまっています。だめだなあ。

NHKの夜の番組で、あの日の夜にラジオで放送されていた音声が数秒流れ、と、同時に画面に気仙沼の火事の映像が映されていました。その時、ふっとあの時の感覚がよみがえりました。不安と使命感が入り混じった、不思議な感覚。忘れたいような、忘れちゃいけないような…。

1年過ぎたからといって、何かが変わるわけではないでしょう。明日も昨日までと同じように、自分のできることをするだけです。

たくさんの支援をしてくださった全国の皆さんに、改めて感謝いたします。

どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

予定~宮城に帰ったら~

知らなかった。こんな曲があるなんて。

宮城出身の有名人、宮藤官九朗(栗原市出身)と中村雅俊(女川町出身)の二人が歌っている「予定~宮城に帰ったら」。

なんかうれしいような、泣きたくなるような…。

宮城県人だったら、きっと「あ~」と言いたくなる曲です。

み~やぎに~帰ったら~ ずんだ餅~食べる~ で始まります。

おんなじように、岩手、福島、秋田、山形もあるらしいです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

1月17日

今日は書きたいことがたくさんある。

 

今日、1月17日は阪神淡路大震災があった日である。

今日、夕食をとりながら新聞を読んでいた。読売新聞の「編集手帳」は、いつもおもしろい。今日は、読みながら泣きそうになった。

タマネギに涙はつきものである。…

おそらく、今回の震災を経験していなくても涙が出る記事だ。しかし、震災を経験した自分にとっては、このことから、おそらくあったであろう悲劇に思いをはせる。

きっと、このような悲話が数多くあったに違いない。家族を失くした人々は、日付を見てあの瞬間に戻されるのだろう。

私もいまだに、ある曲をきくと彼のことが思い出され、ひそかに号泣する。

前に進むことも、思い出すことも供養になる。きっとなるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「処方箋」に頼るばかりでいいのか

香山リカさんがこんなことを書かれていた。

「本に書かれた「処方箋」に頼ることで自分の知らない世界を理解する力が身につけられるか」

これって、教育書でも同じようなことが言えないだろうか。

今までの自分にも当てはまり、はっとさせられた。

背景や理屈や経緯や歴史を考える必要があるだろう。

そういう意味で、その先生の「ライフヒストリー」をひも解くのは重要なんだろうなあ。

幸いに、私はそういうことに気づかせてくれた環境がある。

そういう機会もある。

自分の学び方を、見直すには十分だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧