映画・テレビ

2008年12月14日 (日)

大河ドラマ

今日、大河ドラマの「篤姫」が最終回でした。っていっても、見ていたわけじゃないけど。最後の2回だけ、ちょっと気が向いて見てみました。

幕末から明治維新のあたりは時代が大きく動いた時期なのですが、どうも私はその辺に魅力を感じなくて(すいません。)あんまり本も読んでいないのです。だから、「篤姫=天樟院」なる人物もよく知りませんでした。ドラマを見て、「へえ、こんな人だったんだあ。」と初めて知った次第です。

ドラマになると、余計な脚色が入って史実と違ったりすることもあるのですが、「歴史に興味をもつ」きっかけにはなりますね。

私も「独眼流政宗(渡辺謙さん主演)」「武蔵坊弁慶(中村吉衛門さん主演)」は全部見てました。あと、子供のころに見た「ベン・ハー」は衝撃的でした。あの戦車競争のシーンや皇帝との関係とか、キリスト教的な考え方とか…。

ドラマを見ると、本を読みたくなります。東北を舞台にした「炎立つ」のときは、ドラマがきっかけで歴史本を読んで、蝦夷と呼ばれた東北人と中央の関係が理解できました。平泉に栄華を極めた奥州藤原氏がいかにして東北を治めたのか、そこで初めて知ることができたのです。

やはり、きっかけは大事です。歴史の授業とドラマ、また、ネタを考えるネタができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

容疑者Xの献身

昨日、休日出勤の代休だったので久々に妻と二人で映画を見てきました。映画館で映画を見るのは数年ぶりです。

見たのはガリレオ「容疑者Xの献身」です。

基本的に映画はエンターテイメント系、見た後にすっきり!というハリウッド系が好きなのですが、今回はTVの「ガリレオ」にはまっていたので、これにしました。

たまにはこういう静的系(?)もいい。描写が細かい。謎解きの場面では「ああああ!そんな考えがあったのか!」とか、最後にすべてが明らかになったときの石神の号泣シーンにじーんとしたり。(ネタばれしないように書くとよくわかんないですね。)

その後、昼飯を食べながら妻と映画のシェアリングしたり…。読書好きの妻が買って予習していた原作本を読んだり…。

久々に休日を満喫した感じがしました。

次は「20世紀少年」かな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

どろろ

「どろろ」が映画化されるとは。

えらい昔ですよ。「どろろ」が漫画だったのは。たぶん,私が小学生だった頃です。TVでアニメもやっていました。主題歌がおもしろかったのを覚えています。「ほげほげたらたら,ほげたらほー,ほげほげたらたらほげたらぴー,紅い夕日に照り映えて燃える…に燃える馬,天下目指して突き進む…。」あ~うろおぼえ。

百鬼丸がかっこいいんですよ。クールで,しかし,信念がある。腕に仕込んだ刀を使った殺陣は子供ながら「すごい!こんなのもありかよ!」っていう感じで見ていました。あ~確か,小学○年生の付録で百鬼丸のパラパラまんががあったなあ!

映画を見てみたいけど,環境的に無理だろうなあ。

「手塚治虫傑作集」の愛蔵版の「どろろ」持ってます。せっかく村のために妖怪をたおすのに,その風貌から「出て行け!」と言われてしまう百鬼丸とどろろ。そんなシーンが多く,民衆の長いものに巻かれろ的な,日本人の愚かさがなんだか悲しいですね。そんな意味で道徳的な漫画でもあります。

漫画の方は,尻切れトンボのようなエンディングでしたが,映画ではどうなんだろうなあ。興味ある。(しかし,観れない!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

古畑任三郎と名探偵コナン

今日はドラマ「古畑任三郎」を見ました。

このドラマって,いわゆるスタンダードな推理ものじゃなく

犯人をどうやって追い詰めていくかっていうところが見せ場ですよね。

ところが今日はやられました…。

犯人が他にいるなんて…。ん~新しいパターンだ。

 

でも,古畑さん。

犯人の自白に頼ったら,裁判で勝てませんよ。

  

名探偵コナンも好きです。トリックがすごい。多少ご都合主義的なところはあるけど,

意外な犯人だったりして,意表をつかれることが多いです。

ほとんど当たったことはないですね。

それにしても,古畑さんもコナンくんも,観察力がすばらしい。現場の状況や容疑者の動きをよく見て,しかもおぼえている。

やっぱり,思考力ですね。しかも,経験に裏打ちされたもの。

クリスティが大好きなうちの妻の,ドラマ・マンガにおける犯人的中率は高いです。

やはり,似たようなトリックがあるそうで,それをもとに考えるのだとか。

ん~,授業でも同じことが言えるなあ。以前の経験から,考える。

思考力育成のためには,数多く考えることが最良なのか?

 

明日は(もう今日だ)イチローが犯人役だそうで。楽しみ,楽しみ。

 

↓「眠りの小五郎」のとき,毛利のおっちゃんの口が動いていないって,みんななぜ気付かないの?    

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)