« 社会科ネタ | トップページ | 朝から… »

2013年4月21日 (日)

子どもと触れ合う

世間の皆さんが思うよりも教師の一日は忙しいのです。毎日、分刻み、秒刻みのスケジュールで走り回っています。一日の忙しい中で、子どもと触れ合う時間をどう確保するかは難しいことです。

本当は休み時間のたびに遊んだりおしゃべりをしたいところですが、授業の準備をしたり、宿題を見たり、保護者にコメントを書いたり、…。

じゃあどうするか。一番は授業中にコミュニケーションを図ることです。私の場合は、やはりおふざけ・お笑いですね。授業で自分がボケたり子供のボケにツッコんだりするのは、実に楽しいです。

二つ目は朝の会。私は朝に「3分間ゲーム」と称してミニゲームを行います。これでつながりがぐっと増えます。

三つ目は、週に一度クラス全員で遊ぶ時間をつくること。「この時間は何があっても、全員で遊ぶ!」と設定します。金曜日の業間あたりが一番いいです。最近楽しいのはドッチビー。当たっても痛くないので、女子にも人気です。

これは、経験上感じていることですが、授業中とのコミュニケーションとは違い、休み時間にしか築けない関係もあるんですよ。開放感がある休み時間、放課後の特性です。例えば高学年女子と恋バナで盛り上がるなんて、放課後にしかできないですよね~。

本読みカードや何ちゃらカードに保護者へのコメントを長々と書いている方がいますが、それも程度問題。保護者との信頼関係のためにはある程度は必要かもね、そりゃ。否定はしません。でもね、考えようですが、それに時間を費やすより、子どもと遊んで子供が笑顔になった方がいいと思いませんか。

|

« 社会科ネタ | トップページ | 朝から… »

「学級経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/57216090

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと触れ合う:

« 社会科ネタ | トップページ | 朝から… »