« 不調 | トップページ | このたび »

2012年3月11日 (日)

わかちあうための記念日

昨日、今日はどこのチャンネルでも「3・11から1年」でしたね。

今年1年、何をしたのか、何を考えていたのか、何を感じていたのか、憶えているようで憶えていないような、そんな1年でした。

「この日のことを忘れないために…」と、出演者がよく話していました。最初は「そんな、忘れるわけないじゃない。何言ってんだよ。」と思っていました。しかし、あとで、思い直しました。

 

 私は、被災者だから「忘れるわけがない。」と思ったのだと。

 

失礼ながら、私自身、奥尻島の津波被害や中越地震の被害のことをぼんやりとしか憶えていないのです。当事者じゃないからなのでしょう。恥ずかしくなりました。

「あ、このしつこいまでのキャンペーンは、みんなで、日本国民全体でこの悲劇の記憶を共有するため、被災者の悲しみを分かち合うためのものだったのかもしれない…。忘れていけないのは当事者以外の人々に呼び掛けているんだ…。」

そう気づきました。

海外でも今日の2:46に合わせて黙祷をしたり、献花をしてくれたりしているようです。その気持ちが有り難いです。

今日は、どこかのイベントに行って献花してこようかとも思いましたが、混雑することで私よりも悲しみが大きい人たちが迷惑するのもどうかと考え、家で黙祷しました。

大川小にも未だに行けていません。早く行ってみなくちゃ、とは思うのですが忙しさを口実に避けてしまっています。だめだなあ。

NHKの夜の番組で、あの日の夜にラジオで放送されていた音声が数秒流れ、と、同時に画面に気仙沼の火事の映像が映されていました。その時、ふっとあの時の感覚がよみがえりました。不安と使命感が入り混じった、不思議な感覚。忘れたいような、忘れちゃいけないような…。

1年過ぎたからといって、何かが変わるわけではないでしょう。明日も昨日までと同じように、自分のできることをするだけです。

たくさんの支援をしてくださった全国の皆さんに、改めて感謝いたします。

どうもありがとうございました。

|

« 不調 | トップページ | このたび »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/54198997

この記事へのトラックバック一覧です: わかちあうための記念日:

« 不調 | トップページ | このたび »