« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

メルマガ

「学びのしかけプロジェクト」のメールマガジンの原稿を書いています。今回は3回目の投稿です。こんな内容です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン「学びのしかけプロジェクト」
               195号 2012年1月29日発行
                      (毎週火金日発行)
http://www.jugyo.jp/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★目次★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「お笑い」と「協同学習」の相性
          「ハイブリッド」編集委員
            宮城県石巻市・公立小学校教諭 佐々木 潤
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 佐々木潤さんのご登場です。石巻からの精力的な発信が、各方面から注目を集めています。お忙しい中での発信ですが、大変刺激的です。
                        (石川 晋)
------------------------------------------------------------------
1.「お笑い」と「協同学習」の相性
          「ハイブリッド」編集委員
            宮城県石巻市・公立小学校教諭 佐々木 潤
------------------------------------------------------------------
 被災地から、再びこんにちは。当地域も冬を迎え、時間の過ぎる速さを感じています。復興はまだまだ遠いですが、少しずつ前へ進むしかありません。しかし、悲壮感はありません。日々、強く生きていこうとする人々の笑顔もそこにはあります。

 そういえば、震災の日も職員同士で笑っていたっけ、と思い出しました。津波で冠水した道路を歩きながら、「こんだけ苦労したんだから、『震災ご苦労さん会』をしなくちゃね!」などと笑いながら話していました。不真面目なのではありません。おかしく笑っていたというよりも、固くなりすぎる自分の肩の力を抜くために笑い合っていました。ちょうど、ハリウッド映画ですごいピンチに直面した主人公がジョークを言うように、です。

 笑うことで、少し冷静になり、リラックスすることがあります。人の気持ちを高揚させてくれる働きもあります。そして、人と人とをつなぐ働きもあります。私は、笑いには大きな力があると思っています。

 今回は、私も従来から取り組んできた「お笑い」と最近ネットワーク誌でも注目されてきている「協同学習(注1)」の関係(ハイブリッドとは言い切れないかもしれませんが)について、気付いたことを平凡ながら私なりに述べてみたいと思います。

 先日、協同学習の勉強会に参加した時、創価大学の関田一彦教授と話していたところ、「佐々木さんはお笑い教師同盟なんですね!『協同学習』と『お笑い』って相性がいいんですよねえ。」という話がありました。「協同学習のセミナーで、わざわざ、『なんかおもしろいこと言え!』って振られたこともありますよ。」という話まで。

 これはどういうことか?自分なりに考えてみました。
 確かに、笑いには人間関係を円滑にする働きがあります。そして、他の子と関わりながら学習する協同学習では、子供同士の関係づくりは重要な要素です。つまり、雰囲気づくりためにお笑いを取り入れるのはいいかもしれません。

 振り返ってみれば、子供同士が関わって学習を進めているとき、雰囲気を盛り上げる、あるいは温める、あるいは緩めるために例えば次のようなことをしていました。

1 グループの目標を達成した時に決めポーズをする。
達成できたという喜びを形に表すということと、グループの全員が同じポーズをすることで一体感を味わえます。例えば、6年生の社会科で、「憲法第9条をグループで分担して暗唱する」というお題を出したときに使いました。普通のハイタッチからAKBの振りまで、そのグループのオリジナルのポーズがあるところもおもしろいです。

2  相手に聞くときにおネェ言葉を使う。
「何て書いたか、教えてください。」でもいいですが、「ねーアンタ、何て書いたのー。」って聞かせました。思わず笑顔になったし、お互いにリラックスしていました。他にも「ねーアンタ、ちょっと聞いてくれる─?」というバリエーションもあります。

3  考えるときに「ガリレオの教授(福山雅治)」のポーズをする。
フレミングの左手の法則の指の形を顔に当てる、福山ガリレオの定番のポーズですね。グループ全員がこのポーズで考えている姿を想像してみてください。笑えるでしょ?さらに、このポーズで考えている子に「先生、分かりましたか?」と聞いたら、「さっぱりわからない。」と答えるようにしておくとなおおもしろいです。

 こうやって、空気を柔らかくすると子供同士のかかわりもより促進されるのではないかと思っています。
 また、グループでの活動に入る前に、「お笑い」ネタで十分に空気を暖めておくことも有効でしょう。和やかな雰囲気のまま活動に移行することができます。

 「お笑いネタ」は、ともするとキワモノ扱いをされてしまいますが、授業の中の潤滑油になっていると、私は思っています。そして、協同学習においても有効でしょう。

注1:協力して学び合うことで、学ぶ内容の理解・習得を目指すと共に協同の意義に気づき、協同の技能を磨き、協同の価値を学ぶ(内化する)ことが意図される教育活動を指す。定義は学者によってさまざまだが、共通しているのは「互恵的な協力関係」「個人の責任が明確」を条件としているところである。

授業づくりネットワーク誌の最新号
http://www.gakuji.co.jp/magazine/network/index.html
------------------------------------------------------------------
【編集後記】
------------------------------------------------------------------
 なるほど、「笑い」と「協同学習」の相性。本質的な話から、実際の活用場面のご紹介と言うことで、大変おもしろいご提案でした。私も最近、「協同学習」の様々な手法にチャレンジしているのですが、「互恵的」「個人の責任」といったあたりのインストラクションがきつすぎて、活動がやや委縮してしまうことがあるなあと感じています。手掛かりをいただいたように思います。
 次号は、ワークショップチームから佐竹康弘さんです!
==================================================================
メールマガジン「学びのしかけプロジェクト」
第195号(読者数1830) 2012年1月29日発行
編集代表:上條晴夫(haruo.kamijo@gmail.com
twitterはこちら⇒ http://twitter.com/#!/gbc02527
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/haruo.kamijo
編集部ではチームに分かれてMLによって原稿検討を行っています。本メールマガジンの記事を読んでいただいた率直なご意見・ご感想をいただけると幸いです。本メールマガジンの内容に少しずつ反映をしていきたいと考えています。
 編集長:石川晋
 副編集長:長瀬拓也・加藤恭子・藤原友和・佐内信之
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000158144.html
==================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

八戸はすごく寒かった、仙台は寒い、東京は暖かい

先週は親戚の不幸があり、青森県八戸市に行ってきました。いや、さすが(?)寒い寒い。風の温度が全然違います。

車で行ったので、道路が心配でしたがふだんの行いがいいので(?)雪はありませんでした。土曜に帰って来て、昨日日曜は東京で協同学習勉強会に初参加。仙台までは車で行きましたが、ふだんの行いが悪いので(?)大雪で大変でした。

新幹線で東京駅についたら…。

あれ?暖かいなあ。

会場で佐内さんと鈴木さんに「東京は暖かいですね。」と言ったら「え~、今日は寒い方ですよ~!」と言われました。やっぱ、私は東北人。

さて、今回の勉強会での収穫は…。

模擬授業によって協同学習を子供の立場で体験し、それによって、学習問題、めあて、活動の流れを明示することの重要性に改めて気づいた。

ということです。

八戸帰りで疲れている老体に鞭打って、わざわざ東京まで行ってきた甲斐がありました。うん、よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

1月17日

今日は書きたいことがたくさんある。

 

今日、1月17日は阪神淡路大震災があった日である。

今日、夕食をとりながら新聞を読んでいた。読売新聞の「編集手帳」は、いつもおもしろい。今日は、読みながら泣きそうになった。

タマネギに涙はつきものである。…

おそらく、今回の震災を経験していなくても涙が出る記事だ。しかし、震災を経験した自分にとっては、このことから、おそらくあったであろう悲劇に思いをはせる。

きっと、このような悲話が数多くあったに違いない。家族を失くした人々は、日付を見てあの瞬間に戻されるのだろう。

私もいまだに、ある曲をきくと彼のことが思い出され、ひそかに号泣する。

前に進むことも、思い出すことも供養になる。きっとなるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「処方箋」に頼るばかりでいいのか

香山リカさんがこんなことを書かれていた。

「本に書かれた「処方箋」に頼ることで自分の知らない世界を理解する力が身につけられるか」

これって、教育書でも同じようなことが言えないだろうか。

今までの自分にも当てはまり、はっとさせられた。

背景や理屈や経緯や歴史を考える必要があるだろう。

そういう意味で、その先生の「ライフヒストリー」をひも解くのは重要なんだろうなあ。

幸いに、私はそういうことに気づかせてくれた環境がある。

そういう機会もある。

自分の学び方を、見直すには十分だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

最近思いついた笑いネタ

最近、思いついたネタ。

くだらないですよ。

でも、子供は笑っています。

 

授業で指示を出します。

『では、衆議院と参議院の違いについて調べましょう。』

「それは、業務命令ですか?」(と、言うように言っておく)

『業務命令です。』

「承知しました(笑)。」

 

もちろんネタの出どころは「ミタ」です。

ははははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

ネタを開発せねば

6年の社会は政治的内容。

いつもここで子供のテンションが下がってしまう。歴史に比べると、どうしても魅力が少ないらしい。

ここを何とか魅力的にするのが腕の見せ所!

なのだが、ここのところ鉄板ネタが見つからない。

国会のところは「国会で法案を通そう!」とか「選挙に出るぞ!」などのシュミレーションネタをするのだが、これは一斉学習なのだ。

今現在の自分の主流は協同学習を始めとする活動中心の学習。

シュミレーションネタをどう落とし込むか思案中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

成人式かあ

そういや成人式だった。

各地で成人式の報道がある。被災地でも。

成人式を迎えることができなかった仲間のために写真をもって参列する姿もあった。

「今の若い人は…。」なんて言う人も多いだろう。

しかし、本当にそうだろうか。

震災の時に、一生懸命働いていた若者を多く見た。逆に、避難所で騒いでいる老人も見た。結局のところどの年代でも、ちゃんとやる人、そうでない人は同じような割合で存在しているのだ。

現に、今日もちゃんと止まれの標識で止まる若者と、無視して通り過ぎるおばちゃんがいた。

むしろ、今の若者の方が時代をよく読んでいるように思う。

何かしらのボランティアに参加したいと答えている新成人が約40%いるそうだ。これが事実ならば、日本の社会も明るいと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

発見

つまらん話ですが…。

久々にアクセス解析をしてみたら…。

過去30日間でのアクセス地域表示

なんと、47都道府県のみなさん、全国からアクセスがあった。

全国を網羅しちゃった。

おおー、みんな見てくださってありがとうございます。

ちょっと達成感。(ちっちゃいなあ~>自分)

自称チキンハートの私は、こんなことがうれしい。他の人の目が気になる(笑)。

 

ちなみに1位は…。

宮城かと思いきや東京!!

宮城は2位でした。地元には認めてられてないなあ(笑)。

3位は愛知。おやおや~。岩下先生やろか?(そんなはずない)

だいたい、知り合いのいるところはアクセスが多い。京都とか大阪とか北海道とか神奈川とか。

4位大阪、5位京都、6位神奈川、7位北海道、8位長野、9位鹿児島、10位山口でした。

みなさん、今後ともこのつたないブログ記事をどうぞ読んでやってください。

以上、つまらん話でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

教員生活でベスト3に入る日になるであろう

セミナーのご案内です。

今回は私が特別な思いをもって開催するセミナーです。

たぶん、私の教員生活のベスト3に入る日になるだろうと今から楽しみにしているものです。

と、言いますのも、

① 私が社会科を志すきっかけになった有田和正先生をお迎えしての会

② 東北青年塾を始めた3人の先生と、いつかはやりたいと思っていた

という大きな大きな意義のあるセミナーだからです。

ぜひぜひご参加ください。

定員は40名です(先着)のでお早めに。

以下、広報文です。

◇◇◇

お待たせしました。
2012年、最初の東北青年塾は仙台の地に有田和正先生をお迎えします。
テーマは『有田式「学級づくり・授業づくり」』
今回は『今回は近著の「学級づくりの教科書」を中心に「社会科授業づくり」「教材開発」「ユーモア教育」「はてな帳」「追求の鬼」など』今までの有田実践を結びつけて話していただきます。

また、第1部は「東北青年塾」の設立者3人(佐藤正寿、阿部隆幸、佐々木潤)の3人の社会科ミニ講座の3連発があります。この3人の共通点は、社会科という教科を自分の研究教科の軸として教員生活を過ごしてきたことです。今回、有田先生をお迎えするということで満を持して、社会科講座を持たせてもらいます。特に、今回久々に「東北青年塾」に登壇する佐藤正寿先生は昨年発行され、大好評の単行本「プロ教師直伝!「教師力」パワーアップ講座―0からプロになる秘訣23箇条」、「スペシャリスト直伝!社会科授業成功の極意」の実際などをミニ講座で展開していただけることでしょう。

2月。
東北、仙台は、まだまだ寒い中ですが、有田先生をお迎えする第26回東北青年塾は熱くなること必至です。
お早めのお申し込みをお願いいたします。

■テーマ 有田式「学級づくり」
■主 催 東北青年塾
■日 程 2012年2月4日(土) 13:00~17:00
■会 場 仙台市青葉区中央市民センター 第1会議室
■参加費 2500円
■内 容
第1部 3連続 社会科ミニ講座(20分×3人)
・佐々木潤(宮城県石巻市立住吉小学校)
・阿部隆幸(福島県本宮市立糠沢小学校)
・佐藤正寿(岩手県奥州市立広瀬小学校)
東北青年塾設立者の3人がミニ講座 を担当します。この3人の共通点は社 会科を研究教科の核として教員生活を 過ごしてきたことです。それぞれの社 会科観が色濃く映し出されるミニ講座をどうぞお楽しみください。

第2部 有田先生講座「有田式学級づくり」
今回は近著の「学級づくりの教科 書」を中心に「社会科授業づくり」「教材開発」「ユーモア教育」「はてな帳」「追求の鬼」など、今までの有田実践を結びつけて話していただきます。

第3部 有田和正ライフヒストリー インタビュアー:佐々木潤
有田先生はいかにして有田和正に なったのか。有田ファンの佐々木潤が わたしたちの今後の道しるべとなる回答を有田先生から引き出します。

■定 員 40名
■締 切 2月3日(金)(または定員に達し次第)
■申込方法 以下の必要事項をご記入の上、メールまたはFacebook(の参加ボタンをポチッと押して)にてお申し込みください。
      iabetaka@yahoo.co.jp(東北青年塾代表:阿部隆幸)
      参加費・懇親会費は当日、受付でお支払いください。
・名前
・勤務先
・メールアドレス
・懇親会参加の有無(参加費4000円程度)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

新しくつくるのだ

被災地からこんばんは。

マスコミでも、このブログでも「震災からの復旧・復興」という言葉を使ってきた。しかし、この言葉は適当だろうか。

震災で大事な人を亡くしてしまった遺族の人々、家も仕事も失くしてしまった人々、大事なものを失くしてしまった人々、人生が大きく変わってしまった人々…。

家が元に戻っても、震災以前に戻るわけではないのだ。

「がんばろう宮城」「がんばっぺ石巻」「東北人魂」

そういうスローガンは確かに元気づけられるかもしれない。

でも、もういい。

そんな人々には、もう響かない。

元には戻らないのだ。

あの人のあの笑顔、活気満ちた場所、

もう、元には戻らない。

「復旧・復興」という言葉を安易に使っていた自分を反省する。

無邪気に「がんばろう!」なんて言えない。

 

立命館小の吉川さんが、先日石巻を訪問されて、私信メールで

「こちらにいると写真などの枠の中しか分からなくなりますが、何もなくなってしまった町を見ると何も言えなくなりました。石巻で毎日過ごすこと、これからの長い道のり、『がんばって』なんて言えません。私達にできることを探していきたいと思います。」

と書かれていた。

これが、きっと正常な感覚なのだと思う。

 

これからは、新しくつくるのだ。

復旧・復興じゃない。

新しい世界をつくるのだ。

あの人がいない世界で生きていくのだ。

残されたものたちが、偶然生かされたものたちが

これから、新しくつくっていく。

そう、考えていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »