« 京都橘大訪問記 その3 | トップページ | ことばずもう »

2011年8月24日 (水)

京都橘大訪問記 その4

橘大に行った日、私の担当は2限目から4限目だったのですが、1限目の途中から参加しました。この集中講義は「特別活動論」です。いったいどんなことをやっているのか興味津々だったので少し早く行ってみたのです。

で、その内容は…。

修学旅行の話をしていました。要は修学旅行に連れていくのにどんな準備が必要か?で、教師の見方と子供の見方がいかに違っているのかが際立っていました。

実際、この集中講義の最後には遠足の実地踏査の報告をするという課題が出されることになるのです。

現在の教員の皆さん、大学時代にこんな授業を受けたことがありますか?

私の知る限りではおそらく全国でこんな講義があるのは、橘大、池田先生だけでしょう。

懇親会に行く途中で池田さんは

「教員になって、子供や保護者に足元をすくわれないようにしてやらなくちゃいけない。」

と話されていました。それが精一杯の愛情だと思います。

私が目にしていない授業でも、学生さんの掲示板の書き込みから推測するに、いっぱしの社会人として、また教員になった最初の年から即戦力になれるように、今回の授業を設計されていたことがうかがえます。

しかも、学生に厳しくしている接しているようでいて、大事なことに気づかせている。学生もそのことに気づいて、「池田先生は厳しいと思っていたけど、当たり前のことを教えている。」という内容のコメントがすごく多い。

さらに言うと、毎日の講座の感想や課題を掲示板に投稿させて、学生間の交流を図っている。授業での交流の延長線上にそれがあります。授業で得たものをさらに深め、広げている。学生の主体的学びが促進されている。

すごいよ、池田さん。

私も大学時代にこんな講座を受けていたら、もう少しましな教員になれたでしょう。

全国の大学に、こうした取り組みが広がっていくことを望んでやみません。

|

« 京都橘大訪問記 その3 | トップページ | ことばずもう »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

ああ~うらやましい!!
私も、その講座を聴講したい~
PVみました!!
奥様惚れ直すことまちがいなし。
JJ先生もお元気そうでなによりです(*⌒―⌒*)

この夏休み、話のついでで
ちょこっとだけ昨年作った歴史の教材を職場の後輩に紹介しました 。
誉められたら、なんだか照れ臭くて。
でもね。
その中の一人が
「こんなに授業の準備しなきゃならないんですか~?」
ですって。
ちょっと、がっかり。
学校は、授業は楽しくてなんぼじゃろが。
そのためには、ここぞというものに力いれんと、
どないするねんっ!!
て、言いたかったけど我慢。

始まりますね。
一発目のお笑いはなにでとろうかな♪
お互いに、まだまだ気の抜けない日々がつづきそうですが、踏ん張りましょう!!


投稿: ぴーなっつ | 2011年8月25日 (木) 02時38分

ぴーなっつさん、元気でしたか?
その歴史の教材おもしろそううですね。単元は何ですか?しかし、そのリアクションがっかりですねえ。こういう輩、います、います。苦労しないで何とかしようとする人。それじゃあいかんのよ!
今回の講座の対談で「教材研究・授業づくりはいつやっているのですか?」という質問に対する答えは、私も池田さんも答えは同じでした。それは「いつも」です。

投稿: JJ | 2011年8月25日 (木) 21時34分

過分な言葉をありがとうございますf(^^;。なんか良い授業をしているように見えます。

学生達は、鍛えたい。私たちの後輩になるのですから。私が考えているのはそれだけです。

また、今度は遊びで京都にお越し下さい。
楽しみにしています。

では。

投稿: 池田修 | 2011年8月31日 (水) 09時35分

池田さん、短い夏休みはいかがでしたか?娘さんとじっくり過ごせたようですね。
いや、いい授業でした。みんな池田先生を慕っているようですし。
今度は行く時は琵琶湖でヨットに乗りましょう。インターハイ出場の腕前をご披露いたします。>プチ自慢。はははは。

投稿: JJ | 2011年8月31日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/52557831

この記事へのトラックバック一覧です: 京都橘大訪問記 その4:

« 京都橘大訪問記 その3 | トップページ | ことばずもう »