« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

あ、憶えていてくれたんだね

夏休みののことですが、書きそびれていたので。

お盆中に教え子たちと飲み会がありました。

彼らはちょうど30歳。

そして、私が彼らを教えたのも30歳。

 

「誰だかわかる?」

『何言ってんの、○○○だろ。』

「あ~憶えていてくれてんだね~」

『当たり前だって。』

教えた子供の名前はほとんど憶えています。フルネームで、どんな漢字だったかも。うろおぼえのところもありますが、本人に確かめるとちゃんと正解していました。

「先生、5年生の時に困ってたときにこう言ってくれましたよね!」

『あ、憶えていてくれてたんだね。』

こんな話をたくさんしました。

30歳ともなると、既婚、未婚、子供がいる、仕事をしている、なんて大人の会話がすごくあります。高校生や中学生の教え子と話す時とはまた違います。

そして今回は震災の話も。幸いこの学年の子供たちは誰も亡くならなかったようです。知る限りでは。

みんな、それぞれ人生を生きている。

 

『あんたらを教えた時、30歳だったんだよ。』

「あ~そうかあ、先生すごいね。30でこんな連中を教えてて(笑)。」

女の子たちとの会話では

「朝からぶっ通しで学級会やったよね。なんかあの時みんながまとまらなくてさあ。」

『あ、憶えてるんだ。』

「そりゃあ、憶えてますよ。先生、頑張ってたもんね。」

「あれから、なんかいい雰囲気になれた。」

そうだったか。憶えていてくれていたんだ。あの辺りは、自分も教師としての自分自身のあり方を悩んで悩んでどうしようもない時期だった。でも、やるしかないともがいていたときだった。クラスの人間関係が悪化し、それを解決するために「みんなでとことん話し合おう。」と朝からぶっ通しで5時間まで本音で話し合った。

今の自分なら、もっとうまくできたように思えます。しかし、その時はそんなことしか思いつきませんでした。

でも、こうやって20年近くたって「先生、頑張ってたよね」という話を聞けた。うれしい。うれし過ぎる。

 

やっぱり、教師はいいなあ。難しいことも大変なことも山ほどあるけど、やっぱりいい仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

ことばずもう

今回の京都橘大学の講座で、「私の学級づくり」という時間がありました。

その中でお笑いネタとして「ことばずもう」をやりました。

実はこれ、是非やりたいと思っていたネタです。というのも、学生が相手なので「大人にやったらどうなるんだろう?」と興味があったからです。

「ことばずもう」について解説しておくと、

①「お題」を出す。例えば「長いもの」。

②そのお題の答えをグループで話し合い、一つ決める。

③その回答に判定者(教師)が、10点満点で評価する。

④例えばこのお題だと、より「長いもの」を答えたグループの点数が高い。

というものです。要は「大喜利」みたいなもんです。

普通はクラスで行いますので、5・6人のグループを作ると、グループは6つぐらい。

今回は参加者は100名以上で、5・6人のグループを作ると20以上になるのです。間延びするかなあと思っていましたが、何の何の。とてもおもしろい回答の連続で、非常に楽しかったです。

で、今回のお題は「きれいなもの」。

いやあ、名回答がたくさん生まれました。会場を歩き回って全部のグループにマイクを向けました。

印象的なものをあげると…。

「振られた彼氏の次の彼女に会ったときの、その彼女の顔」(あ~それ、よくわかる。気まずいけどちゃんと見てる。9点!)

「きれいな花火を見ている彼女の横顔」(あ、それ体験談ですね?8点!)

「素数」(へっ?素数?数学科の方ですか?あ、そうですか。なるほどねえ~。1とその数でしか割れない数。きれいかも。でも会場の大多数の方の賛同を得られないと思うけど。意外性があるので8点!)

「(AKBの篠田)麻里子様」(はははは~!これ、グループで一致した意見ですか?あ、そうなんだ~。9点!)

中でも気にいったのが

「うんこを出したばかりの大腸」(ぎゃはははは!確かにきれい!9・5点!)

ね、どうですか?やっぱ大人はおもしろい。

ちなみに( )の言葉は、そのときの私のコメントです。(確かでない記憶によると、たぶん、こう言っていた。)

真面目な話をすると、これは「フォロー」です。その子供の答えを肯定しコメントをして雰囲気を盛り上げ、和ませるのです。池田さんはもちろん、一部の学生さんもこれに気づいていました。授業ではこの「フォロー」が実は大切なんですね。

これは、私の鉄板ネタです。みなさんもクラスで是非やってみてください。笑えますよ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

京都橘大訪問記 その4

橘大に行った日、私の担当は2限目から4限目だったのですが、1限目の途中から参加しました。この集中講義は「特別活動論」です。いったいどんなことをやっているのか興味津々だったので少し早く行ってみたのです。

で、その内容は…。

修学旅行の話をしていました。要は修学旅行に連れていくのにどんな準備が必要か?で、教師の見方と子供の見方がいかに違っているのかが際立っていました。

実際、この集中講義の最後には遠足の実地踏査の報告をするという課題が出されることになるのです。

現在の教員の皆さん、大学時代にこんな授業を受けたことがありますか?

私の知る限りではおそらく全国でこんな講義があるのは、橘大、池田先生だけでしょう。

懇親会に行く途中で池田さんは

「教員になって、子供や保護者に足元をすくわれないようにしてやらなくちゃいけない。」

と話されていました。それが精一杯の愛情だと思います。

私が目にしていない授業でも、学生さんの掲示板の書き込みから推測するに、いっぱしの社会人として、また教員になった最初の年から即戦力になれるように、今回の授業を設計されていたことがうかがえます。

しかも、学生に厳しくしている接しているようでいて、大事なことに気づかせている。学生もそのことに気づいて、「池田先生は厳しいと思っていたけど、当たり前のことを教えている。」という内容のコメントがすごく多い。

さらに言うと、毎日の講座の感想や課題を掲示板に投稿させて、学生間の交流を図っている。授業での交流の延長線上にそれがあります。授業で得たものをさらに深め、広げている。学生の主体的学びが促進されている。

すごいよ、池田さん。

私も大学時代にこんな講座を受けていたら、もう少しましな教員になれたでしょう。

全国の大学に、こうした取り組みが広がっていくことを望んでやみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

京都橘大訪問記 その3

さて、講座が終わり、達成感と討ち死に感が混在している中、車を置きに行くとのことで池田宅へ行くことになりました。

社会科教師でありながら、京都と大津の近さを知りませんでした。わずか20分ほどBMWにゆられたら到着。

素晴らしいロケーション。

目の前には琵琶湖です。

おお懐かしい。

実は高校時代、ヨットのインターハイで訪れた場所でした。

こんなところに池田さんは住んでいるんだ~。セレブだ。

その後、JRで懇親会場に。

立命館小の吉川さん、東大阪市の山崎さん、それから「明日の教室」のDVDを作っている平井さん、そして池田ゼミの学生さん+αの10名の参加者。

いやいや、おもしろい!こじんまりした会場がよけいに一体感をあげる。

学生さんからは「教育実習に行くんですけど、高学年の女子はどう扱ったらいいですか?」との質問。

『あ~いい質問!!俺は何度も煮え湯を飲まされた!それは、一言では言えないけど…。』

実にまじめな学生さんに私も真剣に答えました。

くだらない話も真面目な話も混在するのが教員の飲み会。

その後山科駅前の居酒屋に行き、さらに私と池田さんと山崎さんとで終電まで飲む。

実は、前掲の平井さんに私の講座の写真を使ってPVのような映画の予告のようなビデオを作ってもらいました。

「嫁が惚れ直すよ~!」と言われていたのですが、見てみたら…。おおっ、すごい。プロの手にかかるとこんなんなるんや~!

見てみて~。講座の雰囲気が少しだけ分かります。こちらこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

京都橘大学訪問記 その2

池田さんから「学生が感想をコメントしているので見てやってください。」とメールをいただき、おそるおそる掲示板(非公開)を見てみたところ…。

ほっ。

あ~よかった。

温かいコメントがずらり。

かーなーり(これはゼロノスで)心配していましたが、多少なりとも学生さんたちの参考にはなったようです。まあ、リップサービスもあるでしょうからこれを鵜呑みにはできないでしょうけど。

☆ 

さて、2コマ目の話。

たぶん、私が呼ばれた理由の90%はここにあるのでしょう。震災体験の話をすること。

以前にブログに書いていた文章を元に、自分で撮影した写真や動画を交えて話ました。

昼食を食べた直後だし、1コマ目と違って話を聞くことが多いから飽きるだろうなあ、寝ちゃうだろうなあと思っていたら!

すごいです。橘大。

み~んな真剣に聞いていました。

震災の話をすることについて、オファーを受けた時には抵抗はありませんでした。

しかし、実際に話し始めていかに自分がダメージを受けているかを知りました。一つ一つのエピソードを話すときにこみ上げるものがありました。

そして、芳樹先生の話をする時には…。

だめでした。100人以上の聴衆の前で泣いてしまいました。

でも、伝えなければならないことです。これから教員を目指そうとする学生さんに知っておいてほしいことです。それを伝えることが私の使命だと感じていました。

真剣に聞いてくれた学生さんに感謝。

3コマ目は私と池田さんの対談です。

いや、ホントにおもしろかった。これ、ガチで打合せなしです。

何だか池田さんと私の飲み会での話をみんなに聞いてもらっている感じです。

ど根性ガエルの町田先生の話、バカボンのパパの話をはじめとするバカな話と、学習規律をどう徹底するかとか、震災の時の教職公務員の過酷さとかの真面目な話が錯綜。実際、ネットワークの飲み会でもこんな話してますからね。

お笑いの裏側も話すことができて、私としては講座のいたらなさを補充できました。

最後にすばらしい拍手(私が仕込んだんですけど)で締めくくられ、感無量でした。

 

いやいやいい経験でした。学生に教えるのも楽しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

京都橘大学訪問記 その1

20日(土)に京都橘大学で講座をもちました。

橘大で教鞭をとられている池田修先生からのオファーです。夏休み中の集中講義の中の2コマをお願いしたいというもの。一つは学級づくりについて。もう一つは震災時のこと。

池田さんとは授業づくりネットワークで知り合いになりました。見識が広く、常に教育界の改革を考えている方です。私のブログにもたびたびコメントをくれたり、また私も先生のブログにコメントをしたり、と遠距離交流を続けてきました。「お笑い教師同盟」の同士でもあるし、車好きという共通の趣味もあり、「こりゃ、行かないわけにはいかんな!」と思い、白木屋の店員のように「よろこんで!」と返事を。

さてさて、その講座ですが聴衆は90%以上が学生。しかも、ほとんどが中学・高校の教師を志望しているときたもんだ。おおっ、こんな講座は初だぜ。

いつもとは勝手が違うことに少々緊張して大学へ赴きました。

1コマ目の途中に到着。池田さんが授業していました。

おおっ、こんな授業内容、他の大学にないぞ、きっと。(詳しくはまたあとでね~。)

みんなまじめに聞いている。このクソ暑い中、休み中なのに学校に来て勉強なんてさぞかしかったるいだろうに。

ん~ちょっとアウェイな感じがするなあ。

と思ったものの、ま、初めてのことっていつもこんな感じで始まって、最後はめでたしめでたしになるからな、っと思い直して講座その1がスタート。

 

まずは、「学級づくり」について。この時間のメニューは

1 自己紹介

2 アイスブレイク

3 子供はどんな先生が好きか

4 なぜ、笑いなのか?

5 授業は楽しくわかりやすく

6 学級づくりはシステムと言葉がけ  でした。

 

私の話だけでなく、ところどころに学生の活動も入れてできるだけ飽きないように構成しました。

拍手ネタ、うそつき3択、ウルトラマンゲーム、ことばずもう、などなど鉄板ネタも随所に。

最初は硬い表情だったみなさんも、徐々に表情が柔らかくなり、社会科スライドのあたりでは大笑いが起きていました。よかったよかった。

結論から言うと、私の学級づくりは「笑い」「公平で愛のあるシステム」「ポリシーを伝える珠玉の言葉」で構成されています。うまく伝わったかどうか…。

ちょっと時間オーバーもあったし…。

いつものことですが、講座をするたびに自分の未熟さを痛感します。未熟なんて行ってられる歳じゃないのに…。

さて、その次は震災の話です。(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

第23回東北青年塾のご案内

私が所属している東北青年塾のセミナーのご案内です。私は家庭の都合で参加できませんが、今回の講師はあの横山ドクターです。う~ん残念。聞きたかった。

みなさん、私の分も聞いて来てください。

◇◇◇◇

第23回東北青年塾を開催します。
今回のメイン講師は特別支援教育の初期から携わり、かつ、医師でもいらっしゃる「横山浩之先生(山形大学医学部看護学科)」です。ご存じの通り、数多くの「特別支援教育」に関する書物を出していらっしゃいます。

授業の成立困難な学級に入り、自ら模擬授業をされるなど、言葉だけでなく実際の行動、活動を通してわたしたちがどのように子どもたちと接していったらよいかを示してくださっています。
テーマは「ペアレント・トレーニング」です。
「ペアレント・トレーニング」とは簡単に言えば「しつけの困難なADHDの子どもを持つ親たちが、正しい子どものしつけ方を身につけるためのトレーニング」と言われます。ここでは「親」を「教師」と換言し、授業に、教室になかなかなじめない子どもたちをどのようにして居心地良い教室空間を創っていくか、授業を行っていくか、指導を行っていくかということについて考える時間としたいと思っています。
もちろん、自分の教室にはそのような、困っているお子さんはいないという方でも、授業のユニバーサルデザイン化を進める意味でも知っていて、体験していて絶対に損はない内容と自負しています。
ぜひ、お時間がある方、おいでください。


■テーマ 「ペアレント・トレーニングを生かした」授業、学級経営、生徒指導
■主 催 東北青年塾
■日 程 2011年8月27日(土) 13:00~17:00
■会 場 仙台市民会館 第2会議室
http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm
■参加費 2000円
■内 容
第1部 事例からペアレントトレーニングを学ぶ。
東北青年塾生が事例を持ち寄りどのように「授業」「学級経営」「生徒指導」を進めていったらいいのか話し合い、学び合います。
話し合いの最後に横山浩之先生からアドバイスをいただきます。

第2部 横山浩之講座「ペアレントトレーニングを駆使した授業」
ビデオなどを利用し、具体的に語っていただきます。

第3部 ライフヒストリー・インタビュー「横山浩之先生はいかにして今の横山浩之先生になったのか」
(インタビュアー 東北青年塾代表:阿部隆幸)
今に至る横山浩之先生の生き方、考え方をインタビューし、わたしたちの実践や生き方のヒントにしていきます。


■定 員 50名
■締 切 8月28日(金)(または定員に達し次第)
■申込方法 以下の必要事項をご記入の上、メールまたはFacebook(の参加ボタンをポチッと押して)にてお申し込みください。
      iabetaka@yahoo.co.jp(東北青年塾代表:阿部隆幸)
      参加費・懇親会費は当日、受付でお支払いください。
・名前
・勤務先
・メールアドレス
・懇親会参加の有無(参加費4000円程度)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

気持ちを元どおりに

前回の記事に車好きの教え子のSくんのコメントがあったことで思い出しました。

今日はそのことを。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇

 

かけておいてよかった。

地震保険の話です。

おかげで、震災で失ってしまったもの(物品)を取り戻すことができました。

いや、正確には同じものではないのですが。

 

私は車を買いました。

このブログを前々から読んでくださっていた方には、私がどれほどあの車に愛着を持っていたかを分かっていただいていると思います。

津波で水没してスクラップになってしまったハチロク。

モノには命がありませんが、何か魂があると思うのは私だけでしょうか。

流されていく車を実際に見たわけではありませんが、津波で駐車場の奥の方に積み上げられた数々の車たちの一番奥に私の車がありました。

「かわいそう…。」

Dscf1121s

幸いにボディの痛みはさほどではなかったので直して乗ろうかとも思ったのですが、知り合いのディーラー聞くと「無理。やめたほうがいいよ。」と。

ああ、あんなにていねいに乗っていたのに。たくさん直したのに。つぶれるまで乗ろうと思っていたのに。

通勤のためには次の車を買わねばなりません。

何にしようか迷いました。

しかし、悲しい別れ方をしたのでやっぱり同じ車を買いました。

前と全く同じではありませんが、私の気持ちを元に戻すために、あのわくわくする感じを取り戻すために買いました。

探して購入するのは大変でした。何しろ東北にはありません。埼玉で売ってました。色も同じ。知らない人が見ると「あ、車、無事だったんですね。」と言うくらい。

Img_0343s

不思議なもので、モノが以前のようになってくると気持ちも元に近づいてきます。完全に元どおりではありません。でも、ないよりずっとましです。

うちの妻は震災で失くしたサックスを買いました。前とは違うものですが、うれしい気持ちが伝わってきます。

 

たぶん、みんな少しずつそうやって以前の環境(物質的な)に戻すことで、気持ちも元に戻していけるのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

復興のアピール ~川開き祭り~

昨日当石巻市の最大のお祭り、川開き祭りが開催されました。

震災のために中止になるかと思っていましたが、こんな時だからこその開催になったようです。(実は過去に大地震で中止になった年もあるのです。)

メイン通りの立町はアーケードが壊れていたり、電灯がともっていなかったりしましたが、それでも盛り上げようとする商店街の人々と何かしらのイベントを楽しみにしていた人々で盛り上がっていました。

こんなときだから、楽しみを!という感じです。

ん、強いな東北人。

とはいえ、例年よりも縮小で本来は2日間のお祭りは一日に。

でも、いろんな有名人が来ていたり(アニソン歌手とか)、ディズニーのパレードがあったりで支援色も濃かったようです。

一番被害が大きかった宮城県。その中でも一番犠牲者が多かった石巻市。それだけに注目されていたようで、テレビのニュースでも多く取り上げられていました。

私は仕事だったので夜だけ行きました。花火を見てきました。手前みそながら、石巻の花火は県内で一番だと思っています。今年は縮小でしたが、それなりに圧巻でした。迫力満点。百花繚乱。

Img_0365

最後の花火の題名は「フェニックス」。不死鳥です。

そうです。こんな状況に負けるもんか。絶対立ち上がってやる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »