« ニホンハ、ドコニアリマスカ? | トップページ | 気づくか気づかないかは大きな違い »

2011年5月20日 (金)

溜飲が下がる

今日のTVで、長年日本の政治について研究しているアメリカのカーティス氏が出演していた。

彼はその中で、

「こんなときに政局をごちゃごちゃしている場合ではない。大連立などしなくても政策で協力して被災地の皆さんが安心して生活できるようにするべきだ。一般の皆さんに甘えていてはいけない。」

という意味の発言をしていました。

全くその通りだ。溜飲が下がる思いがした。

被災地の人々は、どんな立場の人も協力して乗り切ってきた。なぜ、政治家にできないのだ。

彼は続けて言う。

「こんなときなのに最近の国会はヤジが多い。」

恥ずかしい限りだ。これが日本の政治のトップである。

今までにないこんな極限の非常時なのに、それを利用しての権力争い。

もういい加減にしてほしい。

 

弥生時代の米の伝搬、仏教の伝来、黒船来航、GHQ、etc…。

やはり日本は外圧によってしか変革が起こらない国なのだろうか。

カーティス氏よ、日本の政治家に提言してくれ。

|

« ニホンハ、ドコニアリマスカ? | トップページ | 気づくか気づかないかは大きな違い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溜飲が下がる:

« ニホンハ、ドコニアリマスカ? | トップページ | 気づくか気づかないかは大きな違い »