« 学校の仕事以外はない | トップページ | 木蘭の涙 »

2011年2月28日 (月)

社会科県幹事会

今日は社会科県幹事会。うちの地区は今年事務局です。まあいろいろと準備やらなんやらで少し早目に行きました。

事務局になって初めて見えることもあります。ただ幹事として参加してた頃には見えなかったことです。

例えば地区の温度差。大学の教授を招いて研修会を開いている地区もあれば、授業研究会で終わっている地区も。

仙台市は地区で23年度の年間計画をつくっていました。(すごく立派)

こういうところをもっと共有できるといいのに。例えば県大会の講演会の講師を県の事務局で選定するとか、基本コンセプトを年々積み重ねていくとか。

どうしても運営の話に終始しがちです。忙しい学校現場では仕方がないのでしょうか。

もっと県としての色を出していけるといいなあ。

でも、当宮城県は全国大会をここ20年の間に2回も行っています。他県に比べれば実施回数は多いのでしょうか。普通に考えれば47年に1回という計算ですから。

せっかくですからもっと盛り上げていきたいなあ。とはいっても、私みたいなのが音頭をとることは難しいですが。

 

|

« 学校の仕事以外はない | トップページ | 木蘭の涙 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50998374

この記事へのトラックバック一覧です: 社会科県幹事会:

« 学校の仕事以外はない | トップページ | 木蘭の涙 »