« 偶然の出会いが人生を豊かにする | トップページ | もやもや »

2011年2月 7日 (月)

消雪パイプ

今日は風は強いわ、強盗事件で集団下校になるわで忙しい一日でした。

 

さて、先週の話を書き忘れていたので書きましょう。

5年生の社会は北海道の気候や暮らしです。

雪の多い地方では雪対策をいろいろとしています。

その中で「消雪パイプ」というものがあります。道路から水を流して(噴き出して)雪を溶かすというものです。

いつものように子供たちは交流しながら調べています。

その中で、「消雪パイプで流れた水が凍らないのか?」という疑問をもった子がいました。2・3人であーだこーだと話し合っています。

「水だもの凍るでしょ。」「いや、何か対策があるんだよ。」「お湯なんじゃない?」「お湯だって結局冷えるっちゃ。」

そこで、ネットで調べることを助言。

すると

新潟では消雪パイプが多く見られるが、それよりも気温が下がる地域(山形、秋田など)では消雪パイプは使われていない。

という記事を発見。

「あ~そうなんだ。」「じゃ、北海道でも使われていないってこと?」

 

いいなあ。自分の疑問を解決して、さらに疑問が生まれている。問題解決の連鎖だ。これが教師のなげかけやゆさぶりによるものじゃなく自然に生まれているところがいい。

これがもっと広まるといいなあ。

と感じた金曜日でした。>記事にするまで3日経っちゃったね。

 

|

« 偶然の出会いが人生を豊かにする | トップページ | もやもや »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50806616

この記事へのトラックバック一覧です: 消雪パイプ:

« 偶然の出会いが人生を豊かにする | トップページ | もやもや »