« 幸せとは | トップページ | 友達の良さをノートに書く »

2011年2月14日 (月)

連載終了

授業づくりネットワーク誌の「教室がなごむお笑いネタ」の連載が終了しました。2年間の連載でした。思えば、2年間。長かったような短かったような。と月並みな感想をもっています。

これまで、多くのお笑いの先輩たちが続けてきた長年の連載の最後を私が締めくくることになるとは思いもしませんでした。私でいいんだろうか。

最後に当たって、お笑いが教室に与える影響について(ふだんとは違って)真面目に書きました。

笑いは脳の血流を活性化させることとか、免疫力を高めるとか、クラスのつながりを促進するとか、いろいろといいところがあります。

真面目が基本の学校現場では「笑い」は邪道のように受け止められがちですが、私はそんなことはないと思っています。

だって、みんな笑うのは好きでしょ?

政治家だって、おまわりさんだって、お医者さんだって、大人だって、子供だって、お年寄りだって、みんなみんな笑うのは好きなはずです。

くそまじめで面白くない授業なんて、誰だって受けたくないでしょ?

ふざけているようでいて、実はしっかりためになる授業、そんなことをずっとやってきました。私の教え子たちは、そんな授業が大好きでした。

連載が終わるのは残念だけど、私はこれからも続けていきまっせ。

本誌連載に載せられなかったこととか、新しいネタとか、このブログに書いていきます。また、皆さん読んでくださいね。

 

|

« 幸せとは | トップページ | 友達の良さをノートに書く »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

笑いって大切なんですね、ウチわちゃんと笑えてますかね?(笑)

投稿: みほ | 2011年2月16日 (水) 16時47分

先生の授業は楽しかったです!
でもそんな先生だからこそ、
怒られた時はショックが大きかったです(笑

投稿: S | 2011年2月16日 (水) 18時08分

みほ、コメントありがとう!この間の成人式の集まりでしっかり笑えていたじゃん。楽しいから笑うんじゃなくて、笑うから楽しいんだよ。ちょっとした楽しいことを見つけよう!

投稿: JJ | 2011年2月16日 (水) 20時09分

Sよ。おいおい。微妙なコメントだなあ。知らない人が見たら、「こわい先生」だと思うじゃないかあ(笑)。まあ、どこの学校でも「一番こわい先生」の称号をもらってるけど…。はははは。
でも、怒られた話をしてくれるのもまたいい感じだな。それだけ心に響いたってことだからね。(と勝手にいい方に解釈する楽天的性格。)

投稿: JJ | 2011年2月16日 (水) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50872180

この記事へのトラックバック一覧です: 連載終了:

« 幸せとは | トップページ | 友達の良さをノートに書く »