« 樋口さんもお笑いに注目 | トップページ | 高学年女子と »

2010年12月 2日 (木)

まだ承認欲求で動いている

ここ2年、ノート指導に重点を置いています。>以前からブログに書いている通り。

ポイントは「バン・カイ・ギ」

板書を書く。

解説(教師の話、友達の意見、調べたこと)を書く。

疑問(と、思ったこと、感想など)を書く。

毎時間ノートを集めて、私が赤ペンを入れています。

コメントだけでなく、総合的に評価してAの○・A・Aの△・Bの○・B・Bの△・Cと書いています。

これだけで、子供のノートは激変します。ものすごく書くようになるのです。

子供によって、プラスその日の授業の内容によって、中には3ページ以上書く子もいます。ほめられること>承認欲求があるからなのでしょうか。やはり。

 

でも、最近感じてきたのは

いつまでも承認欲求だけがモチベーションとなっていてはいけない

ということです。

そもそも、社会科の場合

「知らなかったことを知る喜び」

「自分なりの見方・考えをもつ喜び」

がモチベーションとならなくては。

そこの本質を、ノート指導に重ねていかないと。

ということを、今日はぼんやりと考えていました。>授業中に。

 

ん~どうしていこうか。

 

|

« 樋口さんもお笑いに注目 | トップページ | 高学年女子と »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50192544

この記事へのトラックバック一覧です: まだ承認欲求で動いている:

« 樋口さんもお笑いに注目 | トップページ | 高学年女子と »