« 残留しました | トップページ | 感謝しかない »

2010年12月 6日 (月)

書くのは

正直、作文は苦手でした。小中学校時代の読書感想文なんか、あらすじ95%感想5%でした。

どうにかして書かない方向に考えていましたね。

なんで苦手だったのか。

そりゃ、どう書いたらいいかわかんなかったからです。

今振り返って考えるに、私の場合要因は二つ。

一つ目は、読書をしないこと。

今でこそたくさん読んでいますが、当時は漫画以外読まなかった。だから、文章表現のバリエーションを知らなかった。

二つ目は、書く量が圧倒的に足りなかったこと。

だって嫌いでしたから。めんどくさいでしょ。授業で強いられない限り書かない。

 

それが、今やブログは書くは、雑誌原稿は書くは、その他etc…。

原因の二つが解消されたからですね。

目的がはっきりしていることが大きいです。

自分の実践を伝えたい、という思いがあるからですね。これがモチベーション。

読んでくれた人のフィードバックがあるともっと意欲は高まります。

ですから、子供には書く目的を示し、機会をふんだんに与え、そして教師も友達もコメントする。そういうことを心がけています。>ライティング・ワークショップなんかはその最たるものですよね。

 

そういえば、京都で「先生の連載を読んでいます!とてもおもしろいです!」と言われたのはとてもうれしかったなあ。

と、いうわけで(?)これから怒涛の原稿執筆生活に突入です。モチベーションAGEAGEで行きまっせ。(自分で自分を鼓舞!)

|

« 残留しました | トップページ | 感謝しかない »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50229516

この記事へのトラックバック一覧です: 書くのは:

« 残留しました | トップページ | 感謝しかない »