« さて学期末 | トップページ | 教員は疲弊している »

2010年12月22日 (水)

教師に徳は必要である

今日は忘年会。さっき帰ってきました。

忘年会の中で、うちの校長先生の還暦祝いをサプライズで行いました。

当番が気が利いて計画を立ててくれました。

とても喜んでくれました。温かい雰囲気が職員の間に流れていたのがいい。

祝おうと思うのは、それは校長先生の人徳に他ならないです。

にじみ出る人柄とでも言いましょうか。

 

いいですね。

私にはないなあ。そうやって祝ってくれるような人も人徳も。

そういう人にはなかなかなれません。

たぶん、自分には無理。

|

« さて学期末 | トップページ | 教員は疲弊している »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

「無理!」って。。。そんな―断言しなくたって(;д;)先生のこと気になるからこそ進学した生徒さん達が来校して話をしていく。これだって得じゃないですか。
それはそうと・・・昨日の終業式。半端じゃない大荒れでしたね。式辞の折雷,たたきつける雨で驚くばかりでした。勤務の地域,冠水ありませんでしたか?

投稿: hakusuke | 2010年12月23日 (木) 11時51分

hakusukeさん、コメントありがとうございます。確かに子供たちはありがたいですね。

ところで、昨日の暴風雨ですがうちの学校は集団下校で対応しました。半数、いや3分の2ぐらいの子供が車でお迎えが来て帰って行きました。私は残りの少数の子供と帰りました。
でもね、傘がひっくり返るやら壊れて気球のようになるやらで、大笑いしながら帰りました。ある意味貴重な経験です。面白かった。

投稿: JJ | 2010年12月23日 (木) 20時47分

そうですねー。貴重な体験ができたことを大事にしたいものですね。
私は「(担任に)むしゃくしゃする!叫びたい!!とごねていた男子生徒と共に「んじゃ外いって叫ぶか?」で,大荒れの中一緒に叫びに行きました。本人は「すっきりした!頭ぼさぼさになっておもしれー」で満足で教室に戻らせました。私も飛ばされつつ,スーツもむちゃくちゃぬれましたが,なんか楽しかったです。ははは。。。。

投稿: hakusuke | 2010年12月23日 (木) 21時26分

あ~いいですねえ。子供に寄り添える教師。たぶん、その子はhakusukeさんのこと忘れませんよ。
そういう遊び心っていうか、杓子定規に固まらないっていうか、そういう対応ってすごく大事だと思います。

投稿: JJ | 2010年12月23日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50372573

この記事へのトラックバック一覧です: 教師に徳は必要である:

« さて学期末 | トップページ | 教員は疲弊している »