« 今回提案した授業は その3 | トップページ | 四半世紀と言われると »

2010年11月11日 (木)

現代教育科学12月号

今月発売の「現代教育科学12月号」(明治図書)に、私の原稿が載っております。「社会科で『表現力』をどう評価するか」という記事です。

この原稿を書くにあたり、ものすごく悩みました。表現力の評価って難しいですから。足掛け2か月悩んでました。

悩んだ結果、論述と討論についての評価を載せました。

自分の今までの実践の中から、子供のノートも入れながら書きました。

どうぞ、読んでやってください。

社会科のコーナーでもう一人原稿を載せているのが、あの吉田高志先生です。比べられると自分の非力さが際立っちゃいます…。(汗)

まあ、自分は自分。今の立ち位置で実践を積むだけです。

NEXT!!

|

« 今回提案した授業は その3 | トップページ | 四半世紀と言われると »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50000352

この記事へのトラックバック一覧です: 現代教育科学12月号:

« 今回提案した授業は その3 | トップページ | 四半世紀と言われると »