« 今回提案した授業は その1 | トップページ | 今回提案した授業は その3 »

2010年11月 9日 (火)

今回提案した授業は その2

昨日の続きです。

今回の県大会で行った授業のもう一つ。6年生の授業です。単元は「長く続いた戦争と人々のくらし」。

学習問題は「100年後の日本人に伝えたいことを手紙に書こう。」です。

この単元のまとめの段階に当たります。

この単元で学んだことが発揮される学習になります。

まずは、手紙のひな形を提示。

その後、「何を伝えたいか」をまずはノートに書きます。

書いた後、子供同士で意見を交流します。自由に立って歩いて話し合うのです。ここで、いい話し合いが見られました。意見を言うだけでなく、それに対する意見、さらにはそれに関する資料を見直す姿が見られました。

これは日頃の学習の積み重ねがものをいいます。今回のために付け焼刃でやったのではなく、ふだんからこうしたことをやっていることの現れです。

そして、全体で「何を伝えたいか」を出し合います。(ここで、理由づけの取り上げ方がやや不十分だったのは惜しまれます。)

最後に、各自手紙を書きました。

書いた手紙を見せ合って、さらに書き足し、授業の終末で発表。

こんな流れでした。

実は、授業者の先生は全く社会科が専門ではありません。

でも、学習問題と学習方法がしっかりしていれば大丈夫です。社会科が得意・不得意なんて関係ありません。参加者がここに気づいたかどうか。気づいてくれるといいなあ。

 

書いて、話して、書いて…。子供主体の授業だったなあ。

じっくり時間をかけてゼロから話し合った授業。それだけに自分の授業のように、ハラハラしていました。でも、私は満足です。

 

ところが、検討会で…。続きは明日。

|

« 今回提案した授業は その1 | トップページ | 今回提案した授業は その3 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/49984233

この記事へのトラックバック一覧です: 今回提案した授業は その2:

« 今回提案した授業は その1 | トップページ | 今回提案した授業は その3 »