« 超おすすめ! | トップページ | 2分間で共有化 »

2010年11月16日 (火)

ニュース番組ができるまでスゴロク

5年生の情報の単元。最初は、テレビ番組の話。

「ニュース番組を作ります。何が必要ですか?(人も含む)」から始めます。

子供たちは自分の知識と教科書・資料集から書き出していきます。

アナウンサー・キャスター・カメラマン・ディレクター・プロデューサー・フロアマネージャー・スィッチャー・タイムキーパー…

スタジオ・カメラ・マイク・モニター・机・いす・セット…。

ものすごくたくさんあります。ここで、たくさんの人と物が必要だということに気づいていきます。

さらに、「この中で実際に画面に映る人は誰ですか。」と発問。教科書(東書)の絵を使います。

すると、わずかの人数。

ここで、ニュース番組を作るために映っている人以外にたくさんの人がかかわっていることに気づきます。

ここまでやってから「ニュース番組ができるまでスゴロクを作ります。」と投げかけ。

スゴロクのよさは

①時系列で仕事を整理できる。

②楽しんで学習ができる。  ですね。

実際、「スゴロクを作ります。」と言った瞬間、「やった!」という反応です。

かかわる人々や必要なモノを整理していたので、それもスゴロクに入れています。

完成したら、交換してやってみたり、一緒にやったりします。

ここで、足りないものや、不具合に気づきます。

こうやって完成度を高めていくのです。

おもしろいので、どの子も意欲的。しかも、内容を吟味できる。

お勧めです。

|

« 超おすすめ! | トップページ | 2分間で共有化 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/50048235

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース番組ができるまでスゴロク:

« 超おすすめ! | トップページ | 2分間で共有化 »