« 構造的に読む | トップページ | Sが… »

2010年9月16日 (木)

子供を学習に向けさせるもの

子供を学習に向けさせるものについて考えています。

『意欲』だけでなく、『向けさせるもの』と言っているのはプラス的な要因だけではないと思うからです。

 

今、思いついているものは

① 学習活動がおもしろいと感じている。

② 不思議や疑問について知りたいと思っている。

③ 目標がある。(できるようになりたい、100点をとりたい、など)

④ ほめられたい。(先生に、友達に、親に)

⑤ 勝ちたい。(友達に、競争で)

⑥ おこられないように。(先生に、親に)

ですかね。

 

①~③は、授業の内容ややり方にかかわることです。

ホントはこうあるべきなんでしょうが、

実際のところ子供たちの姿を見ていると、④~⑥の方が強いんだろうか、と思ってしまうところもあります。

もちろん、一つの理由だけでなく複合的なんでしょうね。実際は。

 

そういう意味で自分の授業はまだまだです。

以前に「毎回80点の授業」を目標に掲げていましたが、

50点だったり90点だったりしています。腕のなさを痛感。

最近の子供の姿を見ていると、なんだかなあ、と思ってしまいます。

 

もっとプッシュしないと。

 

|

« 構造的に読む | トップページ | Sが… »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/49469146

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を学習に向けさせるもの:

« 構造的に読む | トップページ | Sが… »