« 学習問題考その3 | トップページ | 第19回東北青年塾のお知らせ »

2010年9月30日 (木)

大仏の話

「一番受けたい授業」っていう朝日新聞社の本に載ってから、なんだか大仏の専門家のように思われている私。

いえいえ、大仏に関してそんなに詳しいわけではありません。

昨日NHKで放送された「歴史ヒストリア」で奈良の大仏も含め大仏特集をしていたのですが、初めて知ることが多かったのです。

例えば、最初は滋賀県信楽に作ろうとしていたこと。当時の有名な僧である玄奘の書物がきっかけになっていること。etc…。

自分としては興味深く見ていました。

 

これって裏を返せば、そんなに詳しくなくても教えられるってことです。

時間が限られているわけですから、そんなに詳しいことまで教えられない。調べられない。

要は聖武天皇が仏教を基軸に世の中を治めようと思っていたことや、国家的事業だったってことを子供が理解できればいいのです。教科書+資料集の内容で十分。っていうか余りすぎるぐらい。

巨大な仏像について「へえ~すごいなあ。」「どうやって作ったんだろう。」「なぜ作ったんだろう」って思えば、つかみはばっちり。

ね、たいして難しくないでしょ?歴史が苦手だと思っている先生でも大丈夫。まずはおもしろがること。おもしろがれば、調べる技能とか思考力の育成は、自然とついてくるものです。

以前にも書いたかもしれませんが、社会科が苦手な先生でも何とかなるような「ライトな社会科」の実現が私の目標です。

これからも実践を蓄積していきたいと思っています。

|

« 学習問題考その3 | トップページ | 第19回東北青年塾のお知らせ »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/49607824

この記事へのトラックバック一覧です: 大仏の話:

« 学習問題考その3 | トップページ | 第19回東北青年塾のお知らせ »