« 授業づくりネットワーク春集会 | トップページ | 出動! »

2010年3月13日 (土)

すごくおもしろい~日米同盟討論~

今日、NHKで「日米同盟」についての討論番組が放送されていましたね。

とても興味を持って見ていました。>ほら、そこはいちおう社会科教師だから、ねえ。

要は『軍事』の話なんだけど、だんだんそれ以外の経済の話なんかにもずれていっちゃって、司会の方も大変そうでした。

で、私の考えですが、何人かの意見とかぶっていました。

一つは、今後国同士の戦争は起きないだろうということ。たぶん、私が思うに宗教観の違いによる民族紛争と経済格差による「生活」を求める戦争が続くだろうということ。私の見方では「イラク戦争」も要は民族間の紛争がきっかけです。それが政治体制の問題にまで発展したため、大きくなった。

二つ目は、日本が軍事的に独立できなければ日米安保は続いていくだろうということ。日本には第9条がありますからね。でも、この点では異論があります。実は日本の軍備は「自衛隊」と言いながらも、例えばイギリスの1.5倍もあるのです。最新鋭のイージス艦を持っている国は、アメリカ・スペイン・日本です。(最近、韓国とオーストラリアで建造したらしいです。)これだけ軍備が充実しているのに、おかしい、と思うでしょ。でも、日本の軍備はアメリカ軍と一緒になることで補完されるような軍備なのです。ですから、これからも軍事的な同盟は続くでしょう。

で、今日の番組で思ったことは、「アメリカの進める、広めようとしている民主主義、グローバルスタンダードが果たして世界のスタンダードなのか。」ということ。

だってね、それが本当に世界の人々が求めている体制なのかわからないでしょ?2次大戦後に戦勝国によって作られた枠組みでしょ?戦後に敗戦国(日本も含む)がついていかざるを得なかった世界の枠組み。

番組の中で「経済とかでつながりをもっていけば戦争は起こりにくい。」と言った人がいたけど、まさにその通り。国益を考え民衆の生活を考えれば、確かにそう。単純に軍事だけを切り離して考えるのは短絡的。

今日の番組は刺激的でした。官に携わっていた経験がある方と一般の人との温度差も感じました。「教授」と呼ばれている人たちの「?」という意見も面白かった。知識レベルの高い人でもそれぞれ見方が異なるんだなあ。

戦争と日本の役割の問題は私のライフワークの一つでもあります。今日の番組で、少し整理されました。

 

|

« 授業づくりネットワーク春集会 | トップページ | 出動! »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/47795308

この記事へのトラックバック一覧です: すごくおもしろい~日米同盟討論~:

« 授業づくりネットワーク春集会 | トップページ | 出動! »