« 小・中の違いはやっぱりここ | トップページ | ストレス解消法 »

2010年1月21日 (木)

5年生の進化

5年生の社会科ノートが進化している。以前よりも、「バン・カイ・ギ」の「カイ」の部分が増えてきています。つまり、板書しない私の話や教科書・資料集からの情報を自発的にノートに書いているのです。

前は、書く子が半分ぐらいでした。でも、最近はほとんどの子供が何かしらの情報を書いています。

こうなった理由は、やはり赤ペンです。ほぼ毎回ノートに「A・B・C(これに○や―も付け加えています。)」やコメントを書いています。紹介したい子には付箋を貼ります。この地道な積み重ねが結びついたものと思われます。

毎回赤ペンを入れるのは正直しんどいです。学級担任ならなおさらでしょう。でも、こうした日々の積み重ねが実を結ぶ。そのことは、担任時代から自覚していました。ですから、続けているわけです。

宿題や自主学習もしかり。子供の励みになるように、続けていました。(ネココメントもつけて)

こうやって子供の姿が変わっていくのは何よりうれしい。これがあるから、教師はやめられない。教師という仕事は「麻薬」ですね。>諸富先生のパクリ、です。

|

« 小・中の違いはやっぱりここ | トップページ | ストレス解消法 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/47355641

この記事へのトラックバック一覧です: 5年生の進化:

« 小・中の違いはやっぱりここ | トップページ | ストレス解消法 »