« CMその2 | トップページ | ready go! Let's Go仙台! »

2009年12月11日 (金)

オリンピックは深い

6年生の歴史。戦後の日本の学習です。

東京書籍の教科書では、単元の最初のページに2枚の写真が載っています。左側は「学徒動員」の写真。右側は「東京オリンピック」の開会式の写真です。

ここでの発問。「この2枚の写真を比べて、日本がどのように変わったのか読み取りましょう。」

書き方はこれまでもずっとやってきた通り。まず、気づいたことを書いて、そこからどんなことが考えられるか、という書き方です。

「左は銃を持っている。右は持っていない。→戦争がなくなり平和になった。」といった感じです。

単純なのですが、この2枚の写真の比較は実に深い。

「世界中の人が来ている。→日本が世界の国に平和な国だと認められた。」

「施設が立派になっている。→建てられるようになるほど経済がよくなった。(景気が良くなった、と書いている子もいました。)」

「みんな(観客)それぞれ服装が違う。→いろいろ自由になった。」

「左は男の人だけだが、右は女の人も行進している。→男女が平等になった。」

「オリンピックをしている。→来る人のために空港など交通も整備された。そのための設備も建てられた。→それぐらい経済が復活した。」

「電光掲示板などがある。→技術が進歩した。」

などなど、戦後の日本が短期間に復興したことが読み取れるのです。

ここまで読み取れたのも、これまでの積み重ね。

「授業は布石の連続である。」

これは、尊敬する有田和正先生の言葉。今回、すごく実感しました。

|

« CMその2 | トップページ | ready go! Let's Go仙台! »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/47038325

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックは深い:

« CMその2 | トップページ | ready go! Let's Go仙台! »