« あの戦争は歴史になっているのか | トップページ | ハチロク復活! »

2009年12月 3日 (木)

教える側と教えられる側の信頼感

今、妻が子供に鍵盤ハーモニカを教えている。できないことに苛立ち、泣いている息子。それに一つ一つ丁寧に教えていく妻。それに応えようと泣きながらも頑張ろうとする息子。

これは、私にできません。というのも、私はどうしても身内に厳しくなってしまいます。授業で教えるようにはいかないのです。だから、息子は「お父さんではだめ。」と思っています。

音楽というジャンルにもよります。音楽に関する家族の尊敬は妻に集まっていますから。要は信頼関係なんだろうな。信頼関係があるから、教えが入っていく。

これって、すごく重要ですよね。教える側と教えられる側の信頼関係。これなしにはうまくいきません。

奈良の土作先生は、こう言っています。「学級経営がきちんとできていれば、授業はどうにでもなる。」

そうです。要は信頼関係。ここが肝です。

|

« あの戦争は歴史になっているのか | トップページ | ハチロク復活! »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/46928044

この記事へのトラックバック一覧です: 教える側と教えられる側の信頼感:

« あの戦争は歴史になっているのか | トップページ | ハチロク復活! »