« CM | トップページ | オリンピックは深い »

2009年12月 9日 (水)

CMその2

昨日の続きです。今日は誇大広告について。

某携帯会社の「通話料、メール0円」のCMを使いました。

『これは、問題になったCMです。どこが問題なのか、考えてください。』

2回見せます。その後、近くの子とトーク。

「歩きながら電話している。」なんて迷答もありましたが、大体の子供は「0円はうそ」「0円は同じ携帯のときだけ。」って気づいていました。ほぼ正解です。

でも、微妙に違います。

問題なのは、その注釈をすごく小さい文字で書いているということです。これをスライドで見せました。

『こういう広告があったらどうなりますか?』

「まどわされる。」「どんなときも0円だと思いこんでしまう。」

『そうですね。この後、このCMが問題になり、この会社はこのCMをやめました。』と、新聞記事を提示。

『このようにCMなどの広告が正しく伝えているかどうかを、監視しているところもあるのです。』

ここで、JARO(日本広告審査機構)のCMを見せました。

『よくさあ、ダイエットの広告とかで、え?ホント?とかいうのあるでしょ!』あるある、と子供たち。

と、いうことでCMも「必ずしも正しいとは限らない。」とまとめです。

ネットの動画を見せられるシステムって便利。

|

« CM | トップページ | オリンピックは深い »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。楽しい授業実践,いつも拝見しています。
さて「授業づくりネットワーク1月号」の「ことばずもう」,実におもしろいですね。ユーモアが磨かれ,心が豊かになり,言葉が生き生きとしてくるのを感じました。「高いもの:オリンピックをめざす人が挑戦するかべ」などの名作が生まれました。ありがとうございました。

投稿: かつのり | 2009年12月15日 (火) 22時31分

かつのりさん、いつも見てくださってありがとうございます。連載の方もありがとうございます。
この「ことばずもう」はおもしろいですよね。高学年の方がいいと思っていましたが、下の方の学年でもおもしろそうですね。それにしても、すばらしい答えですね。いいセンスしてます。

投稿: JJ | 2009年12月16日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/46980118

この記事へのトラックバック一覧です: CMその2:

« CM | トップページ | オリンピックは深い »