« 第14回東北青年塾のご案内 | トップページ | また来てくれてありがとう »

2009年11月18日 (水)

楽しいだけでは学習問題じゃない

なんかずっと引っかかっていたことです。

よく社会科では「子供の興味関心を引き出し、学習問題を設定する」という人が多いです。

これはある意味正しいです。だって、意欲がわかない学習問題を追究するのって酷ですからね。

でも、子供が興味関心をもてば何でもいいってわけじゃない。子供が楽しければ、追究意欲が喚起できればいいってわけじゃない。

「さあ、奈良の大仏について調べましょう!」

なんて、耳触りはいいですが子供たちは

「奈良の大仏の頭に付いているものは何?」「大仏のポーズにはどんな意味があるの?」なんてことを出してきます。

その疑問を追究して、単元のねらいが達成されるのか?

答えはNO。

深く考えさせることはできませんなあ。

「奈良の大仏を何のために作ったのか?」「大仏を作ったことで、人々は救われたのか?」

の方が、いいです。

結局、子供たちの興味関心にまかせちゃったら、無駄に時間を使いかねません。時間に余裕があるのならいいですが、以前に比べて社会科の時数は少ないです。

一番いいのは、子供の興味関心を単元のねらいに向けること。

でもねえ、いつもいつも毎回の授業でそうできるとは限りません。

むしろ、教師が質の高い学習問題を提示しちゃう方が手っ取り早い。

子供の興味関心が向くようなやつね。

最近はそうしています。専科だし、時間の捻出はできませんからね。

それでも、担当しているクラスの子供たちは新しい見方や考え方を知って喜んでますけど。

|

« 第14回東北青年塾のご案内 | トップページ | また来てくれてありがとう »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/46797850

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいだけでは学習問題じゃない:

« 第14回東北青年塾のご案内 | トップページ | また来てくれてありがとう »