« 第13回東北青年塾 | トップページ | 教員免許制度廃止だってさ »

2009年10月13日 (火)

マラソン大会

うちの学校では、マラソン大会を続けています。「続けています。」という表現になったのは、市内でもやっていない学校が増えてきているからです。安全上の問題とか行事の削減とかいろいろな理由があるようです。

私はマラソン大会はやるべきだと思っています。理由は、苦しいことを我慢する経験をさせたいから、ということに尽きます。

今の子供は我慢が足りないとよく言われます。すぐに「たりい」とか「無理」とか言って、あきらめる傾向にあることは、教育現場にいる人なら感じているのではないでしょうか。

きついけどがんばる、という経験をさせるのにマラソンは格好の体験ではないかと思うわけです。他人との競争に見えるのですが、実は自分との闘いです。あきらめそうになる自分と頑張ろうとする自分の闘いです。

今日は、そんな姿が随所に見られました。内面を知ることを難しいですが、少しはつらいけど我慢して頑張るという経験ができたと思います。

 

最近、息子とマラソン大会へ向けて練習をしています。いつも、ビリの方ですが、つらいけど我慢してあきらめそうな自分に勝ってほしいです。

「100人走れば、必ず100位の人はいる。でも、100位だから、走るのが遅いから、ダメなんじゃない。最大限の努力をすることが大切。結果、100位だったとしても力を出し切れば、それでいいんだ。」

と、クラスの子供に言い続けてきたことを息子にも話しています。

|

« 第13回東北青年塾 | トップページ | 教員免許制度廃止だってさ »

子どもたちの話」カテゴリの記事

コメント

学校行事の代休のため、「教育現場」を入力して、ぼーっとパソコンしていて、昨日のブログ読ませてもらいました。
「我慢ができない子供たち」…本当に同感です。実際に生きていく中で、意味のないと思われることがたくさんある学校生活。。。でも、「頑張ることを頑張る」場でもあるのですよね?
地道に伝え続けていきたいと思っています。
我々も、頑張りましょう!

投稿: まったり | 2009年10月14日 (水) 08時20分

まったりさん、ようこそわがブログへ!また、来てください。どこかのセミナーで会えるといいですね。

投稿: JJ | 2009年10月14日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/46477542

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン大会:

« 第13回東北青年塾 | トップページ | 教員免許制度廃止だってさ »