« 研修会考 | トップページ | 8月は »

2009年8月 2日 (日)

一言少なく一手少ない指導

セミナーに行ったりできない分、読書を多くしようと思ってます。それも、一度読んだ本を。

と、いうのも1学期の終わりに「やはり、原点に戻らねば。」と思ったからです。

そこで、第1弾「楽しい教室づくり入門~有田和正著・明治図書」を読みました。今から16~7年前に買った本です。復刻版とか出ているのかな、と思ったら今は発売されていないらしく、アマゾンでは中古品が手に入るだけです。あら、貴重品なのね。

中身は、いかにしてユーモアがあり、追究意欲をもつ子どもを育てるのか、といったものです。

その中で、目を引いたのが「一言少なく一手少ない指導」の言葉です。「手とり足とりの指導が本当にいいのか。子ども一人ひとりを主体的に育てることが目的ならば、指導過剰はマイナス効果である。」ということ。

んん~確かにそうです。最近の自分を振り返ると、子どもを思い通りに動かそうとしている嫌いがあるなあ。

なんか最近どっかで聞いたことがあるなあと思ったら、6月の青年塾で講師のイワセンさんが、「口をあけて待っている子どもに育ててはいけない。」と言っていたことを思い出しました。

なるほど、優れた教師には共通点があるなあ。

2学期は、ここに気をつけてみよう。

|

« 研修会考 | トップページ | 8月は »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/45817806

この記事へのトラックバック一覧です: 一言少なく一手少ない指導:

« 研修会考 | トップページ | 8月は »