« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

研修会考

昨日は描画指導の研修会。今日は国語指導の研修会、と2日間研修会が続きました。

ここ数年、夏休みに校内で研修会を企画しています。まあ、もともと休みが少なくなってきたことと、やっぱりこの機会に教師力アップを目指したいということから、研修会を多く持つようにしています。

その中で純粋に学ぶことも当然あるわけですが、セミナーの講師を何度か務めていると「やる側」の見方に立つことが多くなります。

「あ、こういうやり方もあるんだ。」「このタイミングじゃなくて、これをやってからの方がいいなあ。」とか、受ける側になって初めて気がつくこともあります。

正直自分の講座がどうだったか、よく分からないことが多いです。感想に「とても満足」とか書かれても、コメントにいろいろと書かれても、受ける側の詳しい内面を知ることは難しいです。

受け手側の立場になることで、自分のことを振り返るいい機会になりました。

次がいつになるのか分かりませんが…。

と、振り返ってみたら去年の仙台でのネットワーク集会以来やってませんでした。あらら。腕が鈍っているかもしれませんね。どっかで磨きたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

東北青年塾in山形~!!

東北青年塾、初の仙台以外での開催です!

「東北」と銘打ってますからね。東北各地のどこへでもいきま~す!!

さて、今回は山形が会場です。8月29日(土)です。2学期にすぐに使えるものが満載!

こちら!↓

「123b.pdf」をダウンロード

または、青年塾ブログを見てください。

講師はミスター特活の「やまかん」こと八巻寛治先生です。アップデート中のやまかんさんの旬な講義が聞けます。こりゃたまらん!!他にも青年塾の精鋭が講座を開きます。

と、いうことで みなさん、ぜひご参加くださ~い!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

息子とのんびり

少しは夏休みらしく過ごしたいと思います。

さすがに夜は時間があるので、今日は息子(小5)とDVDを見ました。

見たのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。私が、20年ぐらい前にはまってしまった映画です。伏線に次ぐ伏線やハラハラドキドキの展開が大好きです。何度見ても、マーティーが現代に戻る場面に見入ってしまいます。

嗜好が似ている息子は、案の定はまってしまって「2が見たい!」と言ってました。はははは。

出かけられない分、映画三昧しようかな。ねえ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

ソーラン練習だ!

地域のお祭りで、育成会の役割がいくつかあります。大人の出店、4年生のソーラン披露。5・6年生のチャレラン的ブース開催、七夕飾り作成、などなどです。

これまでも書いたとおり、私は今年育成会の会長なのでこれらの段取りをしています。

今日は4年生のソーランの練習がありました。要は、盆踊りだけじゃなくもっと盛り上げるイベントの一つになっているわけです。うちの地域の小学校では代々4年生が南中ソーランを踊るので、それをお祭りでもやっちゃおうということです。

地域の会館に30名弱の子どもたちが集まりました。この子どもたちを仕切るわけです。4月の1年生を迎える会ではなかなか学校のようにはいかずにがやがやした雰囲気だったので、難しいかなあと思っていました。

だってねえ。見ず知らずのおんちゃんの話をストレートには受け止めませんからねえ。私もあんまり教員色を出したくなかったので、なんだか中途半端な対応だったなあ。って感じ。

と、思っていたのですが、結構いい雰囲気で練習が進みました。子どもたちが素直だし、私も前回の反省を生かして、がんがん声をかけて授業のように進めていったので、子どもたちも分かりやすかったようです。

あとは、得意のお笑いと褒めちぎり。

「そんなに回して、どこまで行くんじゃい!」「すばらしいねえ。大人並みです!」

あと、「名前なんていうの?」『○○○。』「おおっ、○○○くん掛け声がいいね!」と積極的にラポートをとるように心がけました。

練習中も汗だくになりながら踊っていました。途中、ポイントを指導するとどんどん吸収していきます。おっ、いいぞ!

最後に、「んじゃあ、みんながんばったのでアイスをあげます!」『…』「え?ほしくないの、んじゃあやめよっかなあ~」『いるいる!』「じゃあ、今のはなかったことにして、巻き戻し。キュルキュル~。んじゃあ、みんながんばったのでアイスをあげます!」『イェー!』『やったー!』実に、素直な子どもたち。

何だか、学級開きのような感じになりました。はははは。

いいっすねえ。練習が終わった後、何人かの子どもたちと談笑。「○○○くん、あだ名は何ていうの?」「ああ、そう。じゃあ今度からそう呼んでもいいかな?」『いいとも~!(笑)』

お笑い好きの子どもは、やはりにおいを嗅ぎ付けるようです。はははは。

こんな感じだったら、毎回楽しめます。やっぱりねえ、何でも楽しみを見つけなくちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

買うか?修理か?

今日の話は、教育にまったく関係ない話です。車に興味のない方はすっ飛ばしてください。

私の愛車AE86の右リヤフェンダーがさびちゃってます。一人稼ぎで車の方まで到底お金をかけられなかった時期を経て、症状はシリアスなまでに悪化。もはや、少しの板金修理では無理な状態になっています。

どれぐらいかかるんだろう…。何しろ発売から20数年経つ車ですので、メーカーさんではリアフェンダーは販売していません。有名なショップではオーバーフェンダーはあるのですが、あくまでもノーマル形状にこだわりたいので、それはアウトオブ眼中です。

新しい中古車を買おうかなあ(あれ?日本語おかしい?)とも思うのですが、ハチロクは高いんですよ。やれやれ。50万から90万ですね。レストア車だと120万~200万!!驚きです。

いっそのことRX-7にしようかなあ。セブンなら安いのあるし。1回ロータリーに乗ってみたかったし。でもねえ、燃費が悪すぎですからねえ。リッター5,6kmじゃあ、ガソリン代が大変だ。

やっぱり修理するしかない、と思ってます。仙台のショップにある前期型(私のは後期型)を見てきたけど、また、修理続きじゃなあ。今の車に修理代、結構つぎ込んだしねえ。リヤゲートに、左リヤフェンダーに、スターターにイグニッションコイルに、フロントのベアリングに。せっかくここまでやってきたんだし、この車。

と、まあ、苦しんでんだか楽しんでんだかわからない状態ですが、忙殺されている夏休みのストレス解消にはなってます。はははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

免許更新制度

免許更新制度にかかる講習がスタートしたそうな。昨日研修会で会った知人が栄えある第1回の講習になったそうで、その話題を少々話しました。

何やら講習代が1時間1000円だそうです。ということは、30時間で3万円!!全国で約10万人以上だから、30億円!!!おいおい。このお金、誰の懐に入るんだ?景気対策の一貫かと思うぐらいだ。一人3万円ですよ。定額給付金よりも多いよね。

そもそも「教育再生会議」でスタートしたこの制度。再生会議そのものが、頓挫しちまってるのに、制度はまだ生きてるんだな。課題教員を何とかするためだったはずが、文科省のHPには「不適格教員を排除するためのものではありません。」との文言。

まあ、確かに10年に1度の更新に頼ってちゃあいかんけどね。「指導改善研修」ってのがあるからね。そっちで淘汰された方がいい。

でも、「自信と誇りをもって教壇に立ち、社会の信頼と尊敬を目指すもの」にしては、大掛かり過ぎないか?そんなんだったら、民間のセミナーに参加した方がよっぽど指導力がつくよねえ。よくわからんなあ。

なんか、見えざる力が働いているような気がしてならない昨日の会話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

やっぱり興味だろ

うちの学校では、夏休みに発展・補充の学習があります。題して「ニショコ塾」。二小っ子塾の変形です。なかなかいいネーミングでしょ。

これは、本題ではありません。

で、3日間子どもたちが学校に来て午前中学習するのです。国語・算数オンリーなのですが、6年生の子どもたちが社会の宿題に関して、私にいろいろと話しかけてきます。

「いとこの人に、家康の資料を貸してもらってるんです。」

「今度、図書館に行って調べてきます。」

夏休みの宿題として「3人の武将(信長・秀吉・家康)の中で誰が一番優れた武将だと思うか。」というレポートの作成をすることになっています。それについての発言です。

おおお。やっぱり興味関心があれば、ほおっておいても勝手に調べるんだなあ。

十数年前に「はてな帳」の実践をしていたときのことを思い出しました。3年生でした。こちらが期待している以上に調べてきていることに感動したっけなあ。

やっぱ、私の社会科はここが原点。興味関心をいかに高めるか。

ノート指導とか情報交換とかワークショップとかも大事ですが、根本はここ。

改めて認識しました。2学期は、ここに力を入れてみよう。原点に帰ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

1学期のノート指導総括

今年ノート指導に力を入れていたことは以前にもお伝えしていました。5・6年生の社会科について書きます。

5年生の方は、どちらかというと調べることが多かったので、それをどうまとめるかということに中心が行っていたように思えます。できるだけ簡潔に、しかもどの資料からそれを書いたかということを主眼にしていたので、シンプルなものになっていたと思います。

注目すべきは6年生の方です。

「ノートの鉄則・バン・カイ・ギ」をスローガンに行ってきたのですが、これが予想を上回るものになりました。

例えば室町時代の学習。

普通に板書だけを丁寧に書いた子供はこう。

File0001

 

 

   

   

   

これが、「カイ」、つまり私が話したことや資料集から得たものを「解説」として加えると、ノートはこうなります。

File0002 File0003

File0004File0005

ふんだんに解説が入れられているだけでなく、自分なりにカスタマイズしているのが分かります。

知識も増えるし、意欲も増します。これにさらに追究意欲を喚起するコメントを入れていくのです。

子どものノート作りの自由度がどんどん広がっていることを感じます。

このサンプルでは「バン・カイ・ギ」の「ギ=疑問」が少し足りませんが、別の学習ではそれも数多くあります。

課題としては、これにとどまらずに、これをきっかけに自主的に追究するように仕向けていくことです。何といっても社会科は追究意欲が命。ここをもっと高めていきたいですね。

 

あれ?画像、ちっさいですね。なんでだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

夏の研修会

夏休みです。

夏休みなんです。

夏休みのはずなんです。

 

でも…!

私は、例年に比べて休みが極端に少ないのです。

家庭の事情もあって、今年はセミナー参加は無理!

 

で、みなさんにお勧めのセミナーです。

授業づくりネットワーク2009夏集会です。詳しくはこちら

参加すれば、必ずや2学期からの実践に即結びつきます。

ぜひぜひどうぞ!残席、少ない模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

天城越え大会

うちの校長さんはお茶目な人です。前から、「天城越え大会しようよ」って言ってました。何のことはない。自分が好きな石川さゆりの「天城越え」をみんなで歌う、っていうだけです。

で、なんと!今回実現してしまったわけです。というのも1学期ご苦労さん会(先週の金曜日)の当番は私たち高学年部のいたずらっ子たちです。「んじゃあ、2次会のカラオケは『天城越え大会』で!」といった運びになりました。

校長さんは、なんと!トロフィーまで準備してくれました。

会の進め方はいたってシンプル。「天城越え」を全員、ワンコーラス歌って、それを校長さんが審査するのです。これだけなのですが、これが実におもしろい。それぞれの個性が発揮されて、それぞれの「天城越え」が展開されます。純粋に歌唱で攻める者、フリやパフォーマンスで攻める者、などなど。

私は、男性部門賞をもらいました。はははは。大賞だと思ったのに!

こんな感じで、うちの学校は実に遊び心旺盛なのでした。

 

それにしても、巷では3連休なのに、わたしは3日間とも学校の統計教室やら奉仕作業やら、子どもの学校の種うえやらで、3日間とも午前中は休みなーし!

素敵な夏休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

実は授業研究

明日で1学期も終わりです。宮城の場合、21日から8月の25日まで夏休みになるところが多いようです。

こんな時期なのに授業研究をやりました。今週の月曜日に。授業者は…そう、わたし。しかも教科は算数。

というのも、現在6年生の算数の少人数も担当しているからです。また、こんな時期に暇なのは教務主任ぐらいなもんですから…。

で、単元は移行措置でプラスされた「合同な図形」です。授業内容は、「合同な平行四辺形をかくには、何が分かればいいのか?」です。

何もかかれていない平行四辺形を実物投影機で提示。

『さあ、これと合同な平行四辺形をかいてください。』当然、「え~先生、辺の長さとか分からないとかけないじゃないですか。」という反応。

『あ~そうですね。忘れてました。何を教えてほしいですか?ただし最低限しか教えませんよ。』

ここで子どもたちは考える。『じゃ、ノートに書いてみて。』

社会でフリートークをやっている子どもたちなので、すでにこの段階で近所の子どもと話し始める。

『書きましたか?じゃ、ここからフリートークです。5人の人とトークしてきてね。』この一言でざあっと席を立ってトークスタート。

「ここがわかれば、平行四辺形は向かい合っている辺が同じだから…」「先生!対角線引いてもいいんですか!」「三角形のときはー」などと怒涛の話合いが教室のあちこちで行われている。中には映してある平行四辺形を使ってトークする子どもも。

要は、自分の考えを言い合うことで修正したり、確認したり、補足したりすることがねらいです。書けなかった子はまねすればいいし。

ノートの鉄則「バン・カイ・ギ」で鍛えられている子どもたちはメモの量もすごい。他の人の意見をどんどん書いていく。ここで、いったん着席。

『んじゃ、発表してください。』

ここで、「2辺の長さとその間の角の大きさ」「2辺の長さと対角線の長さ(三角形になるように)」「4辺の長さ」「底辺と高さ」の4つが出る。

反論がたくさん出て、自分の考えが危うくなるが納得できない子どもも。

『それでは、かき方をどれか選んでください。それぞれ必要なものを教えます。』

2辺の長さとその間の角を選んだ子には、それだけ。4辺の長さを選んだ子にはそれだけを教えていきます。

『さあ、かいてみましょう。』で、かき始めると…。

「あ~!かけねえ!」「先生、発言取り消します。」

そうですねえ、正解は、「2辺の長さとその間の角の大きさ」「2辺の長さと対角線の長さ(三角形になるように)」です。

確認して、まとめ。

社会の授業で鍛えたことが、算数でも通用しました。なんかうれしい。

ただ、課題もいくつか。その中のひとつに、やはり基本的な知識やスキルはきちんと教えておかなければならないということがあります。例えば、平行四辺形の性質や作図のスキル、話し方のスキルなどですね。ここが不十分だと、学習が滞ってテンポが悪くなります。

次はここに気をつけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

異なるスタイルで授業をしています

現在、5・6年生の社会を担当していることはこれまでも書いてきました。2学年担当していると、指導技術やネタを研究開発する上でいろいろな可能性が広がります。

5年生と6年生では実態が違うので、別なアプローチの仕方をします。

5年生は目を引くような教材の提示をすることが多いです。水産業の学習だけでも、マグロ漁で使う「はえなわ」の実物や、栽培漁業で使っている「ひらめ・かれい定規(稚魚を測定するもの)」の実物を使いました。(水産業だけに)子どもたちの食いつきもいいです。(…すべりましたか…)

6年生は、調べるときの情報交換や、討論などで子どもたち同士のかかわりを増やしています。ペア・グループ・立ち歩きフリートークなどを行いましたが、6年生の場合は立ち歩きフリートークが一番合っているようです。

こうやっていくと、だんだん見えてくるような気がしています。子どもに合わせた授業展開が。

もちろん、どんな子どもたちでも通用する指導技術やネタの開発も、異学年を担当していると実にいい。鉄板ネタもさらにできそうです。

(ブログを)休んでいた時にあった出来事も少しずつ出していきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

通信表電子化

皆さんの学校では通信表は手書きですか?最近、パソコンで作る学校も増えてきているようですね。

うちの学校は今年から電子化。作業の効率化を図って、浮いた時間は子どもたちの指導に回すのです。

通信表の原本を作成するのは私の仕事。どうせなら、使いやすいものがいいと思い、一覧表に記入すれば、一枚一枚の個人の通信表に反映されるように作りました。

と、簡単に書きましたが、関数やら、シートをまとめてコピーすることやら、文字を読み替えることやら、たくさん問題がありました。

でも、一つ一つ解決するたびにエクセルのワザが増えていったのでやりがいを感じました。とくに、マクロですね。初めて使いました。保護をかけるのに使ったのです。こんな使い方があるなんて知らなかった。

おかげさまで、先生方にも好評です。こんなときに教務主任の仕事へのモチベーションが高まります。ようし、次もやるぞってね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月13日 (月)

まあ、元気ですよ

ここのところ、まあいろいろあってブログ更新が滞っていましたが、何とか書ける状況になってきました。

といいうのも、自分自身のへこみもあったのですが、それはけっこう早く立ち直れました。でも、そしたら地域の行事の段取りや(育成会の会長をしているのです。>汗)、家族の入院とかあって、非日常的な毎日だったのです。

ようやく、軌道に乗ってきたので一息。といった感じです。

よく見てみたら、6月27日以来書いていないんですねえ。びっくり!こんだけ抜かしたことはないかも。はははは。

この期間、授業ではいろいろとおもしろいことがあり、「あ、これブログに書きてええええ!」と思ったこともあったのですが……。

 

で、今日から復活です。また、みなさん、よろしくぅお願いしますぅ。

あ、今日発売の授業づくりネットワークも見てくださいね。去年の夏集会でやったスライドネタが載ってます。私の鉄板ネタの一つです。これ、誰でも出来ますので、ぜひやってみてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »