« 野口先生の話を聞いてから | トップページ | 何が変わったかランキング »

2009年4月21日 (火)

ノートの鉄則!「バン・カイ・ギ」

マイブームは「ノート指導」なのです。いろいろなノート指導本を読み漁っています。

その中のひとつ「東大生合格生のノートはなぜ美しいのか?(太田あや著・文藝春秋)に、いいのを見つけました。

「東大合格生のノートが小学生に役立つの?」と思われるかもしれませんが、いやいや、なかなかどうして、役立つんです。要はエッセンスの問題。ヒントになることはいくらでもあります。

この本の中で注目したのは「授業ノートはバン・カイ・ギ」です。

「バン」は板書、つまり黒板に書かれていることを書く。「カイ」は解説、先生の話や教科書・資料集などから関連することを書く。「ギ」は疑問や考えたこと、気づいたことなどを書く。小学生でも十分通用します。

これを合言葉のように「ノートの鉄則!バン・カイ・ギ!」と唱えさせて、自分のノート作りに役立てるようにさせています。

年度の初めなので、1時間ごとにノートを提出させて「A・B・C」の評価とコメントを書いて意識させるようにしています。今日は、5年も6年もまだ3時間目なので(行事等で出遅れています)まだ不十分なところはありますが、自分だけのノート作りに努力している様子がうかがえます。

この他にも1回目の授業のときに指導しましたが、それについてはまたあとで。

 

|

« 野口先生の話を聞いてから | トップページ | 何が変わったかランキング »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/44745221

この記事へのトラックバック一覧です: ノートの鉄則!「バン・カイ・ギ」:

« 野口先生の話を聞いてから | トップページ | 何が変わったかランキング »