« 指導の持久力 | トップページ | やっぱり学校は楽しい場所でありつづけたい »

2009年1月28日 (水)

ごんぎつね

そろそろ東京書籍を使っている4年生の国語は「ごんぎつね」。

最初の発問。

「何日間のできごとですか?」

これで、○○○○を読み取ることができます。

筑波附属小の桂聖先生の発問です。いやあ、ためになったなあ。

 

|

« 指導の持久力 | トップページ | やっぱり学校は楽しい場所でありつづけたい »

授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごんぎつね:

« 指導の持久力 | トップページ | やっぱり学校は楽しい場所でありつづけたい »