« 学習問題作り | トップページ | 授業にお笑いを »

2008年12月14日 (日)

大河ドラマ

今日、大河ドラマの「篤姫」が最終回でした。っていっても、見ていたわけじゃないけど。最後の2回だけ、ちょっと気が向いて見てみました。

幕末から明治維新のあたりは時代が大きく動いた時期なのですが、どうも私はその辺に魅力を感じなくて(すいません。)あんまり本も読んでいないのです。だから、「篤姫=天樟院」なる人物もよく知りませんでした。ドラマを見て、「へえ、こんな人だったんだあ。」と初めて知った次第です。

ドラマになると、余計な脚色が入って史実と違ったりすることもあるのですが、「歴史に興味をもつ」きっかけにはなりますね。

私も「独眼流政宗(渡辺謙さん主演)」「武蔵坊弁慶(中村吉衛門さん主演)」は全部見てました。あと、子供のころに見た「ベン・ハー」は衝撃的でした。あの戦車競争のシーンや皇帝との関係とか、キリスト教的な考え方とか…。

ドラマを見ると、本を読みたくなります。東北を舞台にした「炎立つ」のときは、ドラマがきっかけで歴史本を読んで、蝦夷と呼ばれた東北人と中央の関係が理解できました。平泉に栄華を極めた奥州藤原氏がいかにして東北を治めたのか、そこで初めて知ることができたのです。

やはり、きっかけは大事です。歴史の授業とドラマ、また、ネタを考えるネタができました。

|

« 学習問題作り | トップページ | 授業にお笑いを »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大河ドラマということで…。
わたしは幕末から明治維新が一番好きで、司馬遼太郎が中心でしたが読みました。今回の「篤姫」も毎回見ました。おもしろかった!
発見は「見る立場を変えると、これほど違うストーリーになるのか!」ということです。「篤姫」では、徳川慶喜が非常に低い扱いでした。
「和宮」中心に作れば、篤姫が和宮をいびる嫁しゅうと物になるんでしょうかねえ。

「真実は、見る者によって違う」
『ライオンキング』にあった台詞ですが、歴史もそうですなあ。

東北の歴史も、そうですしね。

投稿: かつのり | 2008年12月25日 (木) 06時41分

かつのりさん、返信遅くなりました。そうですね。見る人によって、描かれ方は違いますね。伊藤博文も豊臣秀吉も朝鮮では極悪人ですからね。

投稿: JJ | 2008年12月27日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/43422341

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ:

« 学習問題作り | トップページ | 授業にお笑いを »