« ここをくずさない | トップページ | 2枚の写真を比べて »

2008年12月 8日 (月)

東大合格生のノートはかならず美しい

昨日買った本です。

「東大合格生のノートはかならず美しい」(太田あや著・文芸春秋刊)

東大に合格した人のノートの法則性や実話、実物を載せているものです。普段の授業のノート指導に役立つかな、と思って買いました。

と、いうのも最近子供のノートの取り方に「これでいいのかな?」と疑問が高まっていたからです。

板書を写すだけに終わっていないか?自分の考えの書かせ方は?自分の個性を生かしたノートのとり方はないだろうか?

本を読んでヒントになったことは、

① 文頭をそろえる。(見やすくなる。)
② スペースを空ける。(あとで書き込みしやすくなる。)
③ ページで区切りをつける。(全体像が見やすくなる。)
④ 授業の流れを書き込む。(思い出しやすくなる。)

ということです。やっているようで、徹底していないことばかりです。

これをヒントに私のオリジナル・ノート指導を考えてみたいと思っています。

 

|

« ここをくずさない | トップページ | 2枚の写真を比べて »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

JJさん,青年塾メンバー茨城のはま風です。
先日はお会いできなくて残念でした・・

実は,ノート指導の参考にと思って,私もこの本を買いました。
JJさんの言うとおり,まずは自分から・・と思っているのですが,基本私のノートは古文書ばりの書き殴りで,解読不能な時があります。

あの高校生のノートだと,授業を受けながら書いていたのか?それとも後で修正して書いたのかな?・・いずれにせよ,私も反省しきりです。まずは自分から実践してみたいと思っています。

投稿: はま風 | 2008年12月10日 (水) 04時28分

はま風さん、お久しぶりです。お元気でしたか?そうでしたか、はま風さんも注目していましたか。面白いですよね。みんな共通点がある。これを子供たちのノート指導に生かしていこうと考えています。

投稿: JJ | 2008年12月10日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/43360163

この記事へのトラックバック一覧です: 東大合格生のノートはかならず美しい:

« ここをくずさない | トップページ | 2枚の写真を比べて »