« 焼き場に立つ少年 | トップページ | 仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン »

2008年11月11日 (火)

森林のおくりもの

先週の話。5年生の先生が事情により2日間お休みになったので、臨時担任となりました。教科の学習を進めてもらったほうがいい、とのことでしたので、喜んで引き受けました。

さて、国語は「森林のおくりもの」という説明文です。入ってすぐ、ということなので、全体的な読みを確認する発問を二つ。

「この文章で述べられている『おくりもの』は、いくつですか。」

「誰へのおくりものですか。」

一つ目は、よくある発問です。答えは6つ」。木材、紙、火、と時間をかけて水をおくること、土をおさえておくこと、養分をおくること、です。これは、普通に読めばわかる。

二つ目の発問は、よく読まないで思い込みで答えてしまいがちです。「現代に生きるわたしたち」「世界の人々」「人類」などという思い込み発言が多いのです。今回も例に倣ってそんな答えが多かったのですが、「本当にそう書いてある?」という一言で、目覚めてくれました。

答えは「私たち日本人」です。冒頭や終盤に「日本は」とか「日本人」「日本列島」とか出てきますが、意外に見過ごしがちなのです。それから、「現代の」ではないです。そうは書いていません。最後の方に「現代に生きる私たち」というフレーズがあるので間違いやすいですが、よく読むとわかります。古くから木材を活用しているという部分があるので、「現代の私たち」ではないのですね。

学習にとても前向きな子供たちで、他の教科でも真剣な姿を見せていました。いいですね。こっちもやりがいがあります。 

|

« 焼き場に立つ少年 | トップページ | 仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/43085522

この記事へのトラックバック一覧です: 森林のおくりもの:

« 焼き場に立つ少年 | トップページ | 仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン »