« 「世界一美しいぼくの村」の授業研究  | トップページ | 気がつけば学芸会なんだな »

2008年10月13日 (月)

書くことは見つめ直すこと

現在、とある本の出版に向けて原稿を書いています。一つは学校生活に関すること、もう一つは社会科の実践で。

原稿を作成していると、自分のこれまでの実践が整理されていきます。文字情報にすることで、全貌が明らかになっていく過程は苦しいですがおもしろいです。振り返ってみることで、自分の哲学が見えてきます。

こうやって書く機会がないとなかなか振り返ることはありません。日々、突っ走っていますから。そういう意味で、書くチャンスをもらえるのは幸せなことです。怠惰な私は外圧がないとやりませんからね。

明後日が中間の締切なのですが、まだ半分しかできていません。ははは。でも、いつものように、トイレに入りながら、風呂に入りながら、ふとんに入りながら、車を運転しながら構想の続きを練っていきます。

  

|

« 「世界一美しいぼくの村」の授業研究  | トップページ | 気がつけば学芸会なんだな »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/42779857

この記事へのトラックバック一覧です: 書くことは見つめ直すこと:

« 「世界一美しいぼくの村」の授業研究  | トップページ | 気がつけば学芸会なんだな »