« 全員がずっと参加できているか? | トップページ | 世界一美しいぼくの村 »

2008年9月 4日 (木)

中学校へ向けて

今日も社会科の話です。

うちの子供の話で恐縮ですが、うちの娘(中3)は社会科が苦手です。やはり、用語の多さ・難しさ、(知識としての)内容の多さに辟易しているようです。

で、今教えている6年生には、人物や用語は「漢字で書くようにね。今のうちに頑張っておくと中学校で楽だからね。」と話しています。

今は最低限の知識は、授業の初めのフラッシュや人物カルタ、単元ごとの自作プリントで定着を図っています。なので、市販のテストでの正答率は高いです。(でも、もちろん授業で狙っているのはそれだけではありませんが。)

次は、年号を覚えることに取り組もうと思っています。たとえば平城京遷都、平安京遷都、それぞれの幕府成立など、時代の区切りの年号ぐらいは覚えておいた方が、今後役に立つでしょう。

みなさんも「いいくに(1192)つくろう鎌倉幕府」は覚えているでしょう?(現在は、1185年成立が有力のようですが。)子供達にはおおまかな年代感覚はつけておいてほしいです。

 

|

« 全員がずっと参加できているか? | トップページ | 世界一美しいぼくの村 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/42380636

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校へ向けて:

« 全員がずっと参加できているか? | トップページ | 世界一美しいぼくの村 »