« 自分のアイディアで人にやってもらう | トップページ | 全員がずっと参加できているか? »

2008年9月 2日 (火)

で、きのうのつづき

昨日の話の続きです。

今日、6年生の2クラスで社会の授業がありました。わたしのプランニングによるものです。

いやあ、おもしろいですね。同じ流れなんですが、ほんの少しの教師の投げかけで結果が変わってきます。実態が違うのもありますが、討論の段階での介入で意見の出方が全然違いました。

片方のクラスでは、討論の目的を示したことが大きな要因です。何を目的に話し合うのかが子供に示されないと、意見を出すモチベーションが違います。

あとは、経験の差ですね。実は進度の関係から、片方のクラスでは1学期の討論を少し多く行ってました。そちらのクラスは意見が活発に出ました。ん~入門期の扱いも重要だなあ。

ちょっと具体的に書けないのは、進度が遅れていてみなさんに公表するのは恥ずかしいからです。ははは。そのうちに標準的な進度に追いついたら、具体的に授業内容を書きます。(言い訳。)まったく、何年経っても進歩がないなあ。>私。

 

|

« 自分のアイディアで人にやってもらう | トップページ | 全員がずっと参加できているか? »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/42362339

この記事へのトラックバック一覧です: で、きのうのつづき:

« 自分のアイディアで人にやってもらう | トップページ | 全員がずっと参加できているか? »