« 第7回東北青年塾開催 | トップページ | ビフォーアフター北上川 »

2008年9月30日 (火)

子供を殺す親たち

立て続けに、いやな事件が起きています。母親が子供を殺す。2件続きました。

どちらにも共通しているのは、「子供の将来を悲観して」というものです。

これについては、野中先生も記事にしています。こちら

子どもと自分が同化し、子供への批判が自分への批判のように感じてしまう。子供の生活が自分の生活であるかのように錯覚してしまう。子供の将来が自分の将来であるかのように思いこんでしまう。

今時の親にありがちなのは、子供を「親のもの」と思ってしまうこと。だから、幼児に自分が好きなファッションをさせる。頭を染める。自分の生活につき合わせ、夜も平気で連れ歩く。子供のトラブルに対し、解決策を子供に教えるのでなく、自分で解決しようとする。

子供は親のもの?いいえ、違います。

子供は社会のものです。

育てて、社会に帰すのです。だから、しつけが必要なのです。社会で生活していくために必要なスキルを身につけさせるのです。親は、社会の一員として通用するような人間に育てる義務があるのです。

将来を悲観して、命を絶つ?冗談じゃない。子供は親と全く別な人格です。信頼していた母親に命を絶たれた子供の気持ちを考えると、筆舌に尽くしがたい憤りを感じます。

子供の人生は親のものじゃありません。早く気がついてほしいです。

|

« 第7回東北青年塾開催 | トップページ | ビフォーアフター北上川 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/42645165

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を殺す親たち:

« 第7回東北青年塾開催 | トップページ | ビフォーアフター北上川 »