« ビデオストップモーション式検討 | トップページ | 自分のアイディアで人にやってもらう »

2008年8月28日 (木)

訪問者

今日の2時間目が終わったとき、「JJ先生、お客さんだよ。」と言われました。業者の人?保護者?なんて考えていたら、いたのは…。

わが教え子28号でした。小学校を卒業したあと、栃木の中高一貫の学校に入学したSS君です。現在高校1年生。今の学校で5年生の時に1年間教えた子供です。

彼は柔道の才能があり、小学生のころから東日本で上位の成績を収めるほどの実力の持ち主です。その才能を生かすために栃木に行ったのでした。

夏休みに実家に帰ってきたついでに、小学校に会いに来てくれたのです。

久しぶりに会うSS君は、私よりもずっと体が大きくなりたくましくなっていました。でも、中身はあの時のままです。人を和ます笑顔も、穏やかの口調も昔のまま。

クラスメイトの誰々はどうなったとか、ああだこうだと話に花が咲きましたが、次の授業があったのでわずか15分ほどの再会でした。

私を待っている間校長先生といろいろ話していたらしいです。それから、先生方へとお菓子を持ってきてました。大人になったなあ。

教え子の成長を見ることができる幸せを味わった15分でした。私へとおみやげに持ってきた明太子は晩につまみにしました。格別な味でした。

 

|

« ビデオストップモーション式検討 | トップページ | 自分のアイディアで人にやってもらう »

子どもたちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/42303190

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問者:

« ビデオストップモーション式検討 | トップページ | 自分のアイディアで人にやってもらう »