« ちょっとマンネリ | トップページ | 社会科授業の感想 »

2008年7月16日 (水)

縄文土器づくり

今日は6年生の親子行事で、土器づくりがありました。

で、私は土器づくりの「講師」としてお招きにあずかりました。

なんて偉そうですが、何のことはない。2年前も自分の担任学年でやったからだけのこと。

土器づくりはかれこれ5回目です。作った土器は、夏休みの間十分に乾燥させてから2学期に「野焼き」します。これが難しく手間がかかり、そして楽しい!!

今は諸般の事情からできないのですが、昔は野焼きを午後から始め、置き火になったところでトタンをかぶせて、夜にまぶるのです。(まぶる、は方言です。正確な意味はよく分かりませんが、時間が来るまで何かしながら待っている、という意味なようです。)

その間、保護者の方と飲むんですよ。学校で。これが楽しい。さすがに朝まで飲んだことはないのですが、けっこう遅くまで飲んでます。数々の逸話があります。

今は、朝から初めて夕方に取り出すパターンです。灰の中から土器を取り出すときのドキドキ感はたまりません。子供たちも感動します。

で、今日はその土器を親子で作りました。親子で、というところがいいですねえ。思い出作りにもなります。6年担任のF先生、S先生、お疲れ様でした。私は授業の関係で途中で抜けたので、出来上がりは明日見せてもらいます。

 

|

« ちょっとマンネリ | トップページ | 社会科授業の感想 »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/41870806

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文土器づくり:

« ちょっとマンネリ | トップページ | 社会科授業の感想 »