« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 地震その後 »

2008年6月16日 (月)

さおだけ屋シリーズ

遅ればせながら、さおだけ屋シリーズ全3冊を読みました。私のブームはいつも人より遅れてくるんです。ははは。

1冊目の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」は、要はトータルで物事を考えろ、ということ。

2冊目の「食い逃げされてもバイトは雇うな」は、数字の使い方で見る人の印象が変わってくるということ。あと、前冊から続いている物事はトータルで考えること、ですね。

3冊目の「食い逃げされてもバイトは雇うな なんて大間違い」は、数字上のことだけにとらわれずに目的を考える、ということ。

どれも、1冊読むのに1時間程度です。筆者の山田さんは書き方もうまいですね。読み手のことをよく考えている。

2冊目は、授業で生かせます。1・3冊目は学校経営で生かせますね。

妻から「こんな感じの本(ビジネス書みたいなの)好きだよねえ。」と言われてしまった。いやいや。

新しい発想のためには必要なんですよ。なんてね。

|

« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 地震その後 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/41555475

この記事へのトラックバック一覧です: さおだけ屋シリーズ:

« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 地震その後 »