« 社会科もスタート | トップページ | 野中先生の話 »

2008年4月11日 (金)

人を動かすこと

「人を動かすこと」は難しい。それを強く感じた1日でした。

もちろん、今初めて分かったことではないですが、改めてその難しさを感じました。筋道+人の感情を考えていかないとうまくいかないですね。自分だけが頑張って済んでいた時代は終わったのかもしれません。

論理だけではギスギスする。感情だけを考えていたのではだらける。

その両方をうまくミックスして働きかけていかないと、スムーズにはいかないですね。

詳しくは書けませんが、今日はそんなこんなで疲れました。ははは。

 

明日は青年塾!とっても楽しみです。急遽、模擬授業も提供することになりましたので、よろしくお願いします。>青年塾の皆様。

|

« 社会科もスタート | トップページ | 野中先生の話 »

教務のお仕事」カテゴリの記事

コメント

私も20代は、自分で研究授業に取り組んできました。
30代になってからは、後輩の先生方に取り組んでもらう側に立場を変えました。

自分で取り組むよりも、取り組んでもらう方が難しく、またエネルギーが必要ですね。

投稿: Y.Mochizuki | 2008年4月12日 (土) 23時50分

望月さん、コメントありがとうございます。レスが遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。
そうですね。取り組んでもらう方が何倍もエネルギーを使いますね。

投稿: JJ | 2008年4月20日 (日) 21時24分

はじめまして~~^^。私は北海道の小学校の臨時教諭をしています。音楽の専科で授業が、楽しくできなくて悩んでます・・・・。いろいろ調べているのですが、子供の叱り方がまだ、よくわかってません・・。寝ても覚めてもそのことばかりで・・・。もし、よかったら、話きいてください。お願いします。

投稿: sy | 2008年4月23日 (水) 17時44分

syさん、ようこそ!
子供の叱り方でしたら、記事にも載せている野中先生の著書をぜひご覧ください。
私の場合は、他人に迷惑をかけること・自分や他人の安全を損なうようなことは徹底的に叱ります。大事なのは、その子を肯定的に見る姿勢を根底におくことです。

投稿: JJ | 2008年4月23日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/40851570

この記事へのトラックバック一覧です: 人を動かすこと:

« 社会科もスタート | トップページ | 野中先生の話 »