« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

授業づくりネットワーク春集会

昨日、成蹊大で行われた「授業づくりネットワーク2008春」集会に行ってきました。春の集会は初参加です。しかも初講座。

私はいつもの「お笑い講座」でした。2時間も時間をいただいたので、「もつかなあ。」なんて思ってましたが、実際は最後のQ&Aの時間もとれなくなってしまいました。スケジュール管理が甘いなあ。反省。

「ま、私の講座はあんまり人気ないだろうから10人ぐらいでアットホームな感じでやろうかなあ。」なんて思っていたら、会場には30名以上の人がいてびっくり!初めての方ばっかりで、なんだか緊張。そんな中、東北青年塾の杉本さんがいてほっとしました。でも、重鎮の池田修さんがいてびっくり!!!!しかも、すごく積極的に参加されていてうれしくなりました。

講座はいつもどおりでしたが、過密スケジュールの疲労のせいか私のテンションが上がりませんでした。とくに後半の関西弁やものまねやラッパーのところはすべってました!ははは。(参加の皆さんごめんなさい。)

でも、一つやるごとに会場のみなさんがとてもいい笑顔になってくるのが快感でした。これぞ「お笑い教育」の醍醐味です。

 

この他にも、1つ目の講座:筑波附属の桂先生の国語・3つ目の講座:赤坂先生の学級づくり に参加しました。

桂先生の文学教材の読み取り方の指導は圧巻。これまでの指導はなんだったのだろう。物語を読む目が大きく変わりました。

赤坂先生の講座はお笑い的要素もたくさんあって、とても楽しくしかも中身の濃い内容でした。赤坂学級の子どもは幸せです。こんな先生に教えてもらえるのだから。

あと、正寿さんや片野さん、えんやすさん、平野さんといった東北メンバーやW田中さん、星彰さん、奈良の土作さんともお会いでき、うれしく思いました。

帰りはあべたかさんと一緒に東京駅まで。あべさんが行ってきたフィンランドの教育の話をじっくりと聞かせてもらいました。参加しなかったのに、内容を聞けてラッキー。

新幹線の中では池田修さんの「教師になるということ」を一気に読みました。実におもしろい。読みやすい。うちの若手に紹介しよう。

一日で3か月分ぐらいのインプットをした感じです。懇親会にも出たかったなあ。残念。

佐内さんはじめスタッフの皆様ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

忙中閑

まあどこの学校でもそうでしょうが、この時期年度末の仕事と年度初めの仕事が錯綜していて気持ちがとても忙しい。

気持ちが、というのは実際は一つ一つこなしていくのは日常と変わりないんだけど、~日までに、とか、転勤する人がいるうちにとか、今これをしておかないと間に合わないとか、そんな仕事なので気ぜわしい感じです。

それから、みんな来年度への不安を抱えながら仕事をしているからだと思います。

子供だけじゃないですね。教員もそう。

 

今日はそんな中、今春中学校を卒業した教え子たちが、「校舎を見学させてください。」とやってきました。しばし、小学校や中学校の思い出に花を咲かせていました。この子たちも自分の人生の区切りを迎え、抱えている何らかの不安を解消しにきたのでしょう。

今日は、会議や職員作業もなかったのでいつもより長めにお付き合い。まあ、その分仕事の時間にしわ寄せが来ましたが、まあそれは嬉しい誤算ということで。

「また、おいでよ!」「は~い!」なんて会話をしながら別れる時に、

ひょっとしたらもう二度と会わない可能性もあるなあと思い、見えなくなるまで手を振りました。

元気でな。「自分らしく」頑張れよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

スクールボランティア

我が校には「スクールボランティア」なるものがあります。保護者や地域の皆さんが、学校の教育活動の手助けをしてくださるという活動です。平成13年から始まりましたので、かれこれ6年になります。

活動は

朝読書の時間に絵本の読み聞かせ

校外学習の時の安全管理のための補助

登下校時の巡視・1年生の下校時の引率

パソコン指導の補助

書き初めの時の書写指導

池の清掃・草取り

樹木の剪定

ミシン指導・調理実習の際の補助

図書室の環境整備 etc

「子供がお世話になっているので(なってきたのでの)その恩返しがしたい。」

「地域の子供たちの安全な暮らしを支えたい。」

「子供たちの『ありがとう』に元気をもらっている。」

など、とても素晴らしい皆さんです。とてもとても感謝しています。

今年度、私は担当になり微力ながら頑張ってきました。今日はその反省会があり、発言の中から感じられるみなさんの熱意に頭が下がる思いでした。

このような皆さんがいるので、私たち教師も頑張っていくことができます。

来年はさらに活性化していけるように、アイディアを出していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

予定外

春休み中に教務が忙しいのは去年体験済みだったので、少しずつ準備をして春休みは落ち着いて仕事ができるようにしてきたのです。がー

予定外の仕事がどんどん入り込んで、今日はものすごく忙しくなってしまいました。残念。

いやいや…。いろいろと新しいシステムも考えていたのですがそれには着手できず。

 

人事異動も発表。(私は転勤しませんよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

宮崎とケニア

ニュースでこんなことを放送してました。

「高校生6割「宮崎ってどこ?」 地理教育どげんかせんと」

宮崎県がどこにあるかを指摘できない高校生が多いそうです。ケニアの正答率と同じぐらいだとか。

TVのニュースでは、「評論家」が「ゆとり教育の弊害だ。」なんて言っていましたが、都道府県の位置を覚える学習は、やってる人はやってるんです。

だいたいにして前の指導要領でも、47都道府県を覚えるなんてのはないです。よくわかってるんだか。なんでもかんでも「ゆとり教育はよくない」的な論調で言うのは勘弁していただきたい。

ちなみに私が今年社会を教えた5年生の場合、九州地方の正答率は高かったなあ。意外に覚えやすいんですけどね。九州。

むしろケニアの方がわからんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

卒業式でした

昨日書いた通り、今日は卒業式。

卒業式までの段取りは初体験でしたが、ほぼ予定通り。進行も練習通り。

でも…。

先生たちの歌の時。

歌えませんでした。

やはり、担任した時のことを思い出したり、去年と今年とこの子たちに何にもしてやれなかったなあ、ごめんな、という気持ちがわきあがったり、たった何秒かの間に頭の中がぐるぐるして、一気に…。

卒業生の態度も、在校生代表の4・5年生の態度もとても立派でした。いい卒業式になったと思います。担任の先生も、感激していました。

またまた放課後に中学生が登場。「ああ、1年経ったんだね。」とぽつり。

1年経ちました。いい加減私も気持の区切りをつけないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

明日は卒業式

明日は卒業式です。

今までとは違った立場で迎えますが、今年の卒業生は4年生の時に教えた子供たちです。練習でもいろいろ思い出して少しウェット気味でした。

いつから始まったんだかわかりませんが、うちの学校では卒業生がランドセルにメッセージを書いてもらうことが恒例になっています。

今日も多くの子供たちが「J先生!メッセージを書いて!」とランドセルを持ってきました。うれしいですね。

それぞれの子供に合う言葉を書きます。考えるのは大変ですけど。

明日は卒業式。きちんと進行できるといいけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月16日 (日)

この日がやってきた!

F-1ファンにとってはたまらない日になりました。

あの、中島悟の息子の中島一貴が6位に入賞しました!

1976年のF-1日本開催からずっとF-1ファンの私。いつか日本人がF-1ドライバーにならないかなと思って11年。1987年に初めてフルタイム参戦したのが中島悟。私にとってはカリスマです。

そして、今日その息子がF-1に参戦し入賞です。時の流れを感じます。

私が一番熱狂したのはセナ・プロスト・ピケ・マンセル時代です。そのときよりはF-1熱は冷めていましたが、これでまた少し熱をあげそう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

素晴らしい!青年塾メンバー

授業づくりネットワーク4月号が届きました。さらっと目を通したのですが、東北青年塾のメンバーの原稿がたくさん載っていてびっくりしました。

(代表の上條さんは毎号ですが)サトマサさん、あべたかさん、堀さん、やまかんさん、えんやすさん、渡邉さん。なんと6人!すごいですねえ。

さらに、巻末の方には「東北青年塾」のこれまでの歩みが紹介されています。

いやいや素晴らしい。東北青年塾特集号とも言える内容でした。

みなさんも読んでみてください。

4月からのクラスづくりに生かせる特集もありました。私はこれがお勧めです。どれも実に有効な手だてを紹介しています。私には土作さんの言葉がストンと入ってきました。納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

続々と登場

昨日県内の公立高校の合格発表がありました。先日の推薦合格組に続いて今日は、試験合格組がやってきました。あいにく会議があったので、30分ほど話して終わりでしたが。

小学校の卒業アルバムを出して、「あいつはどうなった!」なんてことや、高校に進んで部活はどうする、通学はどうする、家族はどうだったなんて、とりとめのないことを延々と話していました。

そのうちに、中学校になって不登校になってしまった子の話もしました。卒業式にもこれなかったそうです。でも、彼らはその子の名前が呼ばれた時にクラス全員で返事をしたそうです。(もちろん、自分たちで考えて決めたことだそうです。)これに担任の先生はとても感激したのだと。

見たかったなあ。

今日は時間がなかったので、春休みに会う約束をして別れました。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

今日の一日

卒業式を来週に控え、今日は4~6年生の合同練習がありました。

礼儀作法の指導や「旅立ちの言葉」の練習をしました。

何度も卒業式をしてきたので、その辺のポイントはよくわかっています。経験が役に立ちました。

「立った時は、中指を体側につけるんですよ。」「あごを2cm上げましょう。」「前の人がいってから、一で頭を軽く下げ、二で息を一気に吸いましょう。」「大きな声を出すというよりは、響かせるつもりで声を出しましょう。」「じっと待っていることも練習のうちです。」

みんな6年生の指導をした時に行ってきたことです。指示はデジタルで。「きちんと立ちましょう。」「大きな声を出しましょう。」といったアナログ指示では子供は分かりません。できるだけ一つ一つの指示をデジタルにした方が分かりやすいです。

 

5年生の授業で。

「先生、何歳なの?」「90歳」「え?(笑)」

「先生、1年生に70歳って言ったでしょ。うちの妹、信じてたよ!」「んじゃあ、本当は90歳だと言っておきなさい。happy01

こういうやり取りも楽しいですね。5年生にも1年間授業に行ったので、ずいぶんラポートが取れています。さて、来年は…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

子供っぽさ

今日のニュースを見ていたら、例の東京都銀行のニュースをやっていました。議会で民主党の議員に突っ込まれていた石原都知事が、党首の小沢さんを例に出して反論(毒づいて?)いました。

おもしろいですねえ、この人。ストレートに物を言うので反感を買うことも多いのですが、私はおもしろい政治家だなあ、と思っています。受け答えが実に子供っぽい。

で、ふと考えてみたのですが、おもしろい人って大人になってもどこか子供っぽいところを残している人なんですね。変にまとまっていなくて、破天荒な感じ。

たとえば、ビートたけしもそうだし、テリー伊藤とか、元首相の小泉さんもそうかも。あ、もちろん、子供っぽさだけでなく「きらり」と光るものがないとだめですけどね。

教員もそうなのかなあ。どこか、子供っぽさを残している「大将」的な先生。私が魅力を感じてきた先生もそうでした。

自分は…。どうかなあ?子供っぽい?かもなあ。魅力的かどうかは、自分ではわからないですけど…。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

授業力の開発No.5・6

私が原稿執筆した本が刊行されました。

授業力の開発No.5「こんな板書が子供の思考を発展させる~国語・社会編」(明治図書)有田和正・古川光弘編・著

授業力の開発No.6「こんな板書が子供の思考を発展させる~算数・理科・他編(明治図書)有田和正・古川光弘編・著

どちらにも1つずつ載せました。

全国の「教材・授業開発研究所」のメンバーが原稿を書いています。

現場の先生方、ぜひ手にとってご覧下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

授業づくりネットワーク2008春

セミナーのご案内です。私も一つ講座を持ちます。新学期に向けて、パワー注入!!の集会です。

******************************
「授業づくりネットワーク2008春」直前案内

参加費4000円で三つのワークショップが体験できるオトクな集会です。すでに100名以上の申し込みがあります。現時点で例年の倍の人数が集まりました。受け付けを締め切る講座が出てくるのも時間の問題です。申し込みはお早めに!

******************************
授業づくりネットワーク2008春

 授業成立の基礎技術
  ~4月から元気が出る!授業・学級・教室づくりワークショップ24~

  主催 NPO法人「授業づくりネットワーク」
  後援 東京都教育委員会
     武蔵野市教育委員会

■日時 2008年3月30日(日)10:00~
17:00(受付は9:30~)

■会場 成蹊大学3号館(東京都武蔵野市)

■日程
  9:30~10:00 受付
10:00~12:00 ワークショップ1「楽しく力がつく授業づくり」

12:45~14:45 ワークショップ2「明るく元気な学級づくり」

15:00~17:00 ワークショップ3「ユーモアのある教室づくり」

13:00~17:00 特別ワークショップ

【参加費】
 一般   4000円
 会員   3000円
 一般学生 2000円
 会員学生 1000円

●詳しい内容・申し込み先
 http://jugyo.jp/nw2008haru/
※各講師・講座の詳しい情報があります。書籍や研究会情報も充実していますので、ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

久々の再会

今日はうれしいことがありました。

ここの学校にきてすぐに担任した子供が会いに来てくれたのです。その子は小学校卒業と同時に仙台の中学校に行っていたのです。現在中三。このたびめでたく某高校に合格したそうです。

2,3日に前にメールで、「みんなでいきますよ!」と連絡があり、今日の夕方、隣の中学校の昔の仲間たち5人とやってきました。

懐かしの校舎の中に入って少しだけ感激していたような面々。その子(Aさん)以外の子は時々会っていたのですが、Aさんはしばらくぶりでした。でも、会えばすぐに昔にもどります。変わったことと言えば、受け答えがさらに立派になったこと。だって、「敬語」ですから。

近況やこれから行く高校のことなどをとりとめなく話しました。「先生、髪が…!」と今更わかっていることをしつこいぐらいに言う「お約束」のやりとりも。

すぐに暗くなってしまったので、40分ぐらいだけ話して別れました。

「先生のブログ見てるよ。」えっ?誰に教えてもらったの?

「いや、自力で見つけました。」へえ、すごいな。よく見つけたね。

「けっこうおもしろい。S君とか登場してるし。」今日の記事は、君らのことにすっから。と約束。

 

彼女たちも間もなく卒業式です。新しい世界に踏み出します。今日来たメンバーのうち二人は、スポーツでの実績が認められて特待生で入学するとか。大変だな。他の子もそれぞれ自分の進むべきことを見つけているようです。

ああ、うれしいなあ。こうやって忘れずに会いに来てくれることが何よりもうれしい私です。教師をやってきてよかった。

今日はあまりゆっくり話せなかったので、春休みに会う約束をしました。

みんな、待ってるぜい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

楽しくない

今日は怒ってます。こんなことで教師の信用が落ちるなど言語道断。こんな学校、楽しくない。

一生懸命にやっている教師の足を引っ張るな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

過ぎていく日々

ここのところ頻繁に中学生がやってきます。何かあったわけではなく、ただ何となくきているらしいです。私にとっては「担任」を感じられる時間なのでうれしいですが。

とりとめのない話をして、20分ほどで帰っていきます。どういう感覚なのかはわかりませんが、とりあえず話を聞いてほしいだけなのでしょう。話をしているときは1年前にスリップ。

「時間は過ぎていき、みんな変わっていってしまうけれど、記憶がある限り、なくなったりしないよ。」

何かのドラマのセリフでした。戻ることはできないけれど、共有した時間はなくならない。そんな意味だと思います。

だからこそ、毎日過ぎていく日々を精一杯生きていこう。そんなことを思いました。そして、最高に感動した瞬間をいつまでも忘れないようにしていきたいです。

いつも「今」がスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

6年生を送る会

今日は6年生を送る会がありました。5年生のみんなが頑張ってくれました。

運営、飾り付け、くす玉づくり、出し物など大変だったでしょうねえ。

私も経験ありますけど、これは最上級生になるための第一歩。これを経験することで、学校のリーダーになるという意識が生まれてきます。

送られる側も何度も経験しました。下級生が自分たちのために一生懸命になっている姿を見るのはとても感動します。「いっぱい練習したんだろうなあ。」と思い、「ああ、自分たちは貢献してきたんだなあ。」と思い、「本当に学校のために頑張ってこれたかなあ。」と反省し、「よし、これからもがんばろう。」と思い…。

卒業生が泣くぐらいの送る会は残念ながら経験はないですが、それでも「ぐっと」くることは多々ありました。

今回はサプライズで、先生方の出し物もやりました。バンド演奏です。曲はZARDの「負けないで」です。この日のために、何度か練習してきました。私はギター担当です。間奏のギターソロが難しくて苦労しましたが、なんとかできました。子供たちはすご~く喜んでくれました。6年生は総立ちで手拍子!でした。

いいですね。

あと2週間ほどで卒業していきます。いい思い出になってくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »