« 息つくひまもなく | トップページ | いじめの話 »

2007年10月26日 (金)

補欠で授業

木曜日は1年生、今日金曜日は6年生と出張に行った先生の補欠に行きました。

以前から「補欠の時は自習課題はなくていいよ!授業をしますよ!」と言っていたので、その通りに授業をさせてもらいました。

実は私、低学年の担任の経験がないのです。希望しても、いつも中・高学年なんですねえ。だから、低学年の補欠はとても新鮮です。

昨日は、1年生で国語の詩の授業をしました。先日の青年塾で、郡山の渡辺先生が模擬授業したことを参考に、パワポでワンフレーズずつ提示しながらやりました。よく集中してくれましたねえ。でも、1年生ですから最後の方はちょっと集中が途切れてしまいました。後半にも集中できる素材を用意すればよかったですね。

今日は6年生。もともと担任したクラスだったので、まあやりやすかったです。理科と体育と算数と社会をしました。社会では、自由民権運動の演説の絵をもとに考える授業でした。ウォーミング・アップで行った歴史人物カルタは、大いに盛り上がりました。でも、その後の考える活動は今ひとつ盛り上がりに欠けましたねえ。やっぱり、ジャイアンツが試合から遠ざかって試合勘が足りず中日に負けたように、普段の反応が分からないとクラスの子供に合わせた進め方がうまくできないのですねえ。

私はもともと授業では子供の反応に応じて少し内容を変えていくので、その辺の生命線ともいうべき部分がスポイルされていたのが敗因ですね。またやりたいなあと思うけど、その可能性は少ないですねえ。

指導主事訪問が近く、放課後はその辺の事務的な学校的な準備で忙殺でした。なんだか、充実したような不満が増幅したような変な一日でした。

 

|

« 息つくひまもなく | トップページ | いじめの話 »

教務のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16882414

この記事へのトラックバック一覧です: 補欠で授業:

« 息つくひまもなく | トップページ | いじめの話 »