« 学芸会児童公開 でした | トップページ | 息つくひまもなく »

2007年10月19日 (金)

ますます学芸会気分

今日は6年生の担任の先生に「一人で大変なんですよねえ。」という日頃の言葉に「じゃあ、時間が空いているときに手伝うから。」と返していたのが、実現しました。

和太鼓の指導をしました。本格的にやったことはないですが、それなりにこれまでも指導した経験があるので、「ここは、もう少しこうするといいよね。」と、助言していたので今回時間をいただけました。

和太鼓は、たたくことだけじゃなくその姿そのものが演奏です。つまり、音だけじゃなくその叩いている姿が大事なのですね。ポイントは足の開きとバチの挙げ方です。意外にこれができていない。今日1時間だけの指導でしたが、少しよくなりました。(和太鼓は長い練習で培われるものですから。)

いい思いをさせてもらいました。いちいち止めて、一言指導。「ここでは、上体をかぶせて。」「音の大きさに合わせて、振り上げる高さをあげて。」「交代する時のステップはこう。」「ここは、もっとひざを使って!」その一言でどんどんよくなっていく子供たち。いいですねえ。

この子供たちは4年生のときに教えた人たちだったので、私も子供もやりやすい。でも、もちろん2年前とは違う成長した姿を見せています。

こういう関わり方もあるんだなあ。チャンスをくれたF先生に感謝。

|

« 学芸会児童公開 でした | トップページ | 息つくひまもなく »

教務のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16811545

この記事へのトラックバック一覧です: ますます学芸会気分:

« 学芸会児童公開 でした | トップページ | 息つくひまもなく »