« 子供の活動をいかに増やすか | トップページ | 青年塾その2 »

2007年9月 8日 (土)

みなさん、ありがとうございました!~第1回東北青年塾

今日は記念すべき第1回東北青年塾でした。多数の方にご参加していただき、スタッフとしては本当にありがたい限りです。

私も一時参加が危ぶまれましたが、天の恵み(台風のために行くはずだった子供たちの合宿が延期)で、無事に最初から参加できました。ホントによかった。

私の模擬授業は「朝のどよ~んとした雰囲気を明るくするネタ」です。と、同時に今回のセミナーの雰囲気を明るくするねらいも合わせて行いました。子供になって、付き合ってくださった参加者のみなさん!どうもありがとうございました。気持ちよく模擬授業できました。

「話は目で聞く」「からしは目に効く」「わさびは鼻に効く」のネタについて、上條先生から「クダラねえ~」と言われましたが、一番大笑いしていたのは先生でした。ははは。

サトマサさん、私、あべたかさんの模擬授業のあとは、上條先生の講義&質疑応答。たくさんの質問が出されました。

その後は、「導入で子供を集中させ、意欲を高める」ことを目的にした5分間の模擬授業を作るワークショップ。さすが、自分から参加を決めてきたみなさん。ワークショップとしては短い時間でしたが、きちんとまとめてきました。

生意気ながら、コメントさせていただくと

Aグループの10の分解のミニネタはリズムもあって、少しずつバリエーションも変化していくので子供もよく集中できると思います。5の分解でもできますね。できない子へのフォローがあればもっとすごい。

Bグループのあまりのあるわりざん。これも全員を巻き込んでいていいですね。出させるのがパーやグーよりは○×の方がわかりやすかったかも。

Cグループの漢字まちがい探しも集中させるにはいいですね。子供はこういう「探し物」は大好きです。

私も「あ、これ使える」と思います。こういった「手札」は多く持っていた方がよいですからね。そして「切り札」に進化させておくとよいです。

このようなセミナーのスタッフを務めたのは初めての経験で、いろいろと学ぶところが多かったです。やはり何事も飛び込んでみないとだめですね。

他にももっと書きたいことがありますが、今日はこの辺で。

|

« 子供の活動をいかに増やすか | トップページ | 青年塾その2 »

「教師力UP」カテゴリの記事

コメント

すばらしい取り組みですね。
お疲れ様です。

投稿: Y.Mochizuki | 2007年9月 9日 (日) 07時40分

サトマサです。昨日はお疲れ様でした。考えてみたら、JJさんの発表や講座は初めてでした。新鮮な笑いが会場にあふれていましたね。
青年塾はこれからが本番。よろしくお願いいたします。

投稿: サトマサ | 2007年9月 9日 (日) 20時20分

JJさん。昨日は挨拶だけで大変失礼いたしました。いろいろあり、私は仕事から抜け出せず参加できずにちょっと悔しかったです。
仙台や埼玉の知り合いも数人だけだったので、またぜひ声をかけたいと思います。
Q-Uの関係で仙台市以外の学校にお邪魔する機会が増えています。11月は件の教育研修センターさんでエンカウンターの講座も担当します。
何かの機会にまたどうぞよろしくお願いします。

投稿: やまかん | 2007年9月 9日 (日) 23時27分

望月さん、コメントありがとうございます。機会がありましたら望月さんもぜひ。来年はネットワーク集会が夏に仙台で開かれます!

投稿: JJ | 2007年9月10日 (月) 21時06分

サトマサさん、お疲れ様でした。模擬授業、さすがの切れ味でした。15分で終わるのがもったいない。お話できませんでしたが、地図記号フラッシュは2学期から5年生の社会の授業のウォーミングアップで行っています。子供たちには大人気です。

投稿: JJ | 2007年9月10日 (月) 21時08分

やまかんさん、お忙しい中来てくださって感激です!。やまかんさんのまとまった話もぜひ聞いてみたいと思います。11月の全小社研でもどうぞヨロシクお願いします。

投稿: JJ | 2007年9月10日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16386274

この記事へのトラックバック一覧です: みなさん、ありがとうございました!~第1回東北青年塾:

« 子供の活動をいかに増やすか | トップページ | 青年塾その2 »