« 青年塾その2 | トップページ | 食糧生産しめくくり »

2007年9月18日 (火)

結果、大失敗

先々週あたりのことですが、5年生の社会の授業「食糧生産」での話です。

いろいろと調べ、意気込んで授業しましたが、結果は大失敗!

失敗の元凶は「フードマイレージ」です。

「その国からの食料の輸入量×その国までの距離」がフードマイレージで、輸入に頼る日本はその数値が諸外国に比べて極端に高い!のです。

これはいい教材になる!と思ったのですが、子供たちには難しい概念だったようです。輸入量が多い、自給率が低い、といった内容で十分衝撃をうけているのに、「フードマイレージ」を出してしまったので、どうもピンとこなかったらしいです。

やはり、子供の生活に直結するようなものを出すべきでした。

もっとも、やりようによっては十分効果があるのかもしれません。ただ単に私の教材の配列が悪かったということも十分考えられます。

後になって思ったのは、現状を知らせると同時に自分たちに何ができるのかということに重点を置けばよかった、ということです。

最後に、捨てている食料が輸入量の3分の1にもなるということを提示して、よけいに買いすぎない、作り過ぎない、残さない、ということや、地産地消に結び付けましたが…。

子供たちの視点を考えなかったのが敗因です。

次の工業では、子供の視点を重視します。

|

« 青年塾その2 | トップページ | 食糧生産しめくくり »

「授業実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16493032

この記事へのトラックバック一覧です: 結果、大失敗:

« 青年塾その2 | トップページ | 食糧生産しめくくり »