« 福島へ | トップページ | 遅くなりましたが… ネットワーク夏集会 »

2007年8月 6日 (月)

広島の日

今日は広島に原爆が落とされた日です。

心なしかいつもの年よりも報道が少ないような気がするのは私だけでしょうか。参院選での民主党の躍進や安倍首相の進退問題の報道のほうが多いようです。

子どもたちに原爆のことを教えるときにいつも思うのは、アメリカの論理です。「原爆が落ちたおかげで戦争が終わり、何万もの人々の命が救われた。」本気ですかね。

だったら広島に1発だけでよかったはずです。違う型の爆弾を長崎に落とす必要はないです。

いまだに2次大戦の戦勝国が幅を利かせている国連。その下部機関のIAEA。「核拡散防止条約」ってのも理不尽な話。核をもっていい国と悪い国があるなんて普通に考えておかしいですよね?

核を持って他の国を脅すような国のために、っていうのなら国連が持てばいい。「沈黙の艦隊」じゃないけど、抑止力として必要なら独立した国ではだめでしょ。

本当にひどい話だ。日本は唯一の被爆国としてもっと国際社会にアピールしてほしいけど、アメリカの核の傘に守られている現状では説得力ないよなあ。

このことは子ども達にも考えさせたりするのですが、大人が考えてもわからない問題なので「そういうことはやめたほうがいい」ということを言う人もいます。

でもねえ、子供の頃から疑問をもって生活してほしいので、わたしはあえて事実は教えています。考え方、感じ方は押し付けません。

核の問題はとても難しいです。でも、考えるのをやめてはだめです。

|

« 福島へ | トップページ | 遅くなりましたが… ネットワーク夏集会 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16029277

この記事へのトラックバック一覧です: 広島の日:

« 福島へ | トップページ | 遅くなりましたが… ネットワーク夏集会 »