« さっそく | トップページ | 国語の研修会 »

2007年8月29日 (水)

大臣はプロなんだろうか

新しい内閣が決まりましたね。我々の仕事のTOPは伊吹さんが続投です。

でもね、大臣は果たしてその道のプロなのだろうか?

一応その分野の権限を持つんですよね。なのに、そのことについて経験や実績があるんだろうか?

簡単に言うと、伊吹さんは教師をしたことがあるの?少し譲って、教育関係の仕事をしたことがあるの?現場をどの程度知っているの?

さっきNHKのニュースでインタビューを受けていましたが、発言内容はどうも感覚的です。綿密な調査に基づいたものなのだろうか?と思ってしまいました。

「教員を増やせば、子供に向き合える時間が増えると思うんですよ。」「徳育は評価などをするのは個人的にどうかと思う。」

以前記事にしましたが、全国で2万人増やしたって一校当たり1人増えるか増えないかですよ。どうせ増やすんならもっと増やさないと。ホントに現場から話を聞いたの?

やっぱり文科省の大臣をするなら、教育のプロでないと。大臣にならないまでも、大臣のブレインには現場をよく知っている人がなるべきです。どっかの教授でもいいし、優れた実践家でもいいし。

なんか一般人の感覚でやってほしくないなあ。

|

« さっそく | トップページ | 国語の研修会 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/16278610

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣はプロなんだろうか:

» 徳育 []
徳育!どうなる? [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 12時14分

« さっそく | トップページ | 国語の研修会 »