« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

国語の研修会

今日は校内研修会です。昨年に引き続き、元文科省調査官・現宮城教育大学教授の相澤秀夫先生をお迎えしての研修会です。

今回のスケジュールは

①9月に研究授業を行うI先生の模擬授業(事前検討会)
②相澤先生の講義&模擬授業     です。

模擬授業で事前検討を行うのは去年からですので、みんな慣れていた感じです。教材は5年生の「森林のおくりもの」です。筆者の考えについて読み取ったり、自分の考えを書くといった学習内容です。いろいろと意見が出て、予定した時間に収まりきれなかったのが残念でした。でも、課題が浮き彫りになったいい話合いでした。

さて、次は相澤先生の模擬授業です。

3回目にしてようやく分かってきたのですが、相澤先生の国語の授業は「読みを広げる」ことを主にしているように私には思われました。

例えば、

「大きなかぶ」(1年東書)では
「(1文目の)おじいさんはかぶを植えてから、(3文目の)大きなかぶに育つまでに、何をしましたか?」「おじいさんはおばあさんを呼ぶときに何と言ったでしょうか?」これが布石となって最後に「ねこはねずみを呼ぶときに何といったでしょうか?」

「森へ」(6年東書)では
「『ぼく』は倒木をそっとなでた時にどんなことを考えたでしょうか?」

といった発問がありました。

この発問から、これまでの教材文の読みを生かして自分で想像を広げる、といった学習です。

で、相澤先生のパターンは
①音読(範読、指名読み、一斉読み)+鍵となる文をくり返し読む
②発問
③机間指導(ここで、称賛、声がけをすごく多く行う)
④ペア学習(1対1で意見を出し、参考になる点をメモする。読みを深める。)
⑤意図的指名による発表(ここでいろいろな考えにふれ、読みがさらに深まる)
⑥学習部分を音読する。(範読、一斉読み)

という、サイクルを1時間に2回行います。ですから、1時間の発問は2つ。

模擬授業なので子供の気分になって授業を受けるといろいろなことが分かってきます。いろいろと参考になりました。

考えを深めていくという手法は社会科にも通用することです。昨年学んでから、取り入れた部分もあります。ただ、社会科の場合「資料」という要素が入ってきますから、若干違いますけどね。でも、大筋では似たようなもんです。

(今日のは少し、すんなりと自分に入ってこない部分もありましたが)3時間という長丁場を、飽きさせずに進めていたのはさすがです。やっぱり、ネタがいいのはおもしろい。

「模擬授業で事前検討するのはいいですね!何でも言える学校の雰囲気がいいです。管内でもなかなかありませんよ!」とお褒めの言葉をいただきました。

模擬授業で力をつけるというのは、いろいろな方のブログで教わったことです。特にサトマサさんみなかんさんに感謝です。

 

今日、また中教審から大発表がありましたね。それについては明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

大臣はプロなんだろうか

新しい内閣が決まりましたね。我々の仕事のTOPは伊吹さんが続投です。

でもね、大臣は果たしてその道のプロなのだろうか?

一応その分野の権限を持つんですよね。なのに、そのことについて経験や実績があるんだろうか?

簡単に言うと、伊吹さんは教師をしたことがあるの?少し譲って、教育関係の仕事をしたことがあるの?現場をどの程度知っているの?

さっきNHKのニュースでインタビューを受けていましたが、発言内容はどうも感覚的です。綿密な調査に基づいたものなのだろうか?と思ってしまいました。

「教員を増やせば、子供に向き合える時間が増えると思うんですよ。」「徳育は評価などをするのは個人的にどうかと思う。」

以前記事にしましたが、全国で2万人増やしたって一校当たり1人増えるか増えないかですよ。どうせ増やすんならもっと増やさないと。ホントに現場から話を聞いたの?

やっぱり文科省の大臣をするなら、教育のプロでないと。大臣にならないまでも、大臣のブレインには現場をよく知っている人がなるべきです。どっかの教授でもいいし、優れた実践家でもいいし。

なんか一般人の感覚でやってほしくないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月28日 (火)

さっそく

今日から2学期も本格的にスタートです。

今日は5年生の社会と6年生の算数がありました。

で、さっそく昨日の目標を達成できるようにがんばってみました。

まずは5年生の社会科。本当は工業の学習になるんですが、食料生産の問題点についての学習を掘り下げてみたいと思い、1学期の続きから始めました。

まずは、都道府県カルタで盛り上げ、自給率について復習。その後、他国の自給率と日本の自給率をPPを使って比べ、「食料の輸入が多いとどんな問題があるのだろう?」という学習問題について考えました。

2学期最初の学習だったので、いろいろな学習習慣を思い出させながら進めたので今日は意見を考えるだけでおわってしまいました。

いろいろないい考えが出されていました。子どもっておもしろい。

私が出してほしいと思っている問題点は大きく4つです。一つは、国内の農業が衰退するということです。残りの3つは…。なんだか、わかりますか?答えは次の授業後に…。

6年生の算数では、子供をいじりまくりました。「書き終わったら、『ブー』って言うんだよ!」「チラ見したから罰金5万円!」「いいねえ、これが当たったら豪華ハワイ旅行!…に自分のお金で行ってください。」と言って、反応を楽しみました。これではまだ人気者に仕立てられてないですけどね。その反応でみんなが笑ってくれるので、本人は喜んでましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月27日 (月)

今日から2学期

もう授業が始まっているところもあるみたいですが、わが校は今日2学期の開幕です。久々に子供たちの歓声が校舎のあちこちから聞こえてきます。

さて2学期に入り、私の教務主任としての仕事も落ち着いてきました。そこで、2学期の目標を立てました。

<校内編>
①社会の新教材を開発する。
 せっかく、5年生の社会科を担当させてもらっているのにこのチャンスを生かさない手はないですね。1学期は手元の駒を進化させた形だったので、2学期はぜひ新ネタを開発します。

②授業での子供「いじり方」を研究する。
 「いじり方」と言っては子供に失礼かな。でも「生かし方」とは違うんですよね。せっかく夏セミナーで土作さんの講座を受けてきたので、これを生かして人気者を作っていきたいです。

<校外編>
①「東北青年塾」を充実させる。
 さて9月8日に控えた第1回セミナーに向けて準備中です。塾生の皆さんが有意義な時間をもてるように頑張りたいです。私は一応スタッフという肩書きがついていますが、まだまだ発展途上です。私自身のプレゼン力も高めていけるようにしたいです。

②全国小学校社会科研究大会の発表を○○○にする。
 11月に控えていますが、構成は大体決まっています。○○○に入る言葉は…。内緒です。私が見た限りでは、よく見る大会の研究発表でこんな感じで発表した人は見たことないです。民間のセミナーではよく見ますけどね。(もうわかったでしょ。)せっかく来てくれるんですからね。これも、自分自身を鍛えるためのものです。

それにしても、昨日おとといと1日中いろいろとあったので、今日は眠くて仕方がなかったです。(昨日はやっぱり15時~21時コースでした。ははは。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

焼き鳥くさい

今日は、町内会&子ども会のお祭りがありました。私は9時から準備に行きました。保護者として地域に貢献することも大切ですから。地区のお父さん方と久々に会い、いろいろと話しがはずみました。

私は一昨年と同様に焼き鳥を焼きました。4時にスタートして8時までなんと4時間!8人ぐらいで焼いた本数約3000本!!手を洗っても焼き鳥のたれくさい。ズボンも焼き鳥のたれが点々とついて、上半身は煙くさい。疲れましたけど、ダンボールの中の焼き鳥を全部焼いて完売した時は達成感を感じました。

こうやって、地域の皆さんとつながりをもっていくことはとても大切なことだと思います。

さらに、明日は近所のみなさんと毎年恒例のバーベキューです。(めずらしいでしょ。)これも近所の皆さんと仲良くできるいい機会なのです。ちなみに、学校にゲストティーチャーとしてお招きしたマグロ漁師の方も、このご近所バーベキューのメンバーです。いろんな職種の人と触れ合うのは、教師としてのバランス感覚を失わないようするために重要だと思っています。

おそらく3時ごろから8時ごろまで、延々と飲むはず、です。ははは。月曜から2学期だぜい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

教員の定員増!…だけど

今日の読売新聞に「小中教職員2万1000人増」という記事が載っていました。

引用~

計画に沿って、来年度予算の概算要求で、現場教員のリーダーとなる主幹教諭や事務職員など、計7121人の増員を求める。教員が子どもと向き合う時間を確保するための措置だが、計画通り増員するためには、教職員定数の削減を規定した行政改革推進法(2006年6月施行)の改正が必要となる見込みだ。年末の予算編成に向け、財務省との折衝は難航が予想される。

~引用終了

2万人も増えるのか!!と一瞬喜んだのですが、冷静に考えてみると47都道府県で割ると1県あたり約450人です。県によってもちがうのでしょうけど、宮城県の場合約680校あるので1校当たり1名増えるか増えないかの計算です。

なあんだ。

でも増えないよりはましか。フリーが一人増えるだけでもシフトするのは楽ですからね。(まあ教諭が増えるとは限らないみたいですが。)学校内の仕事ももっと役割分担して、専門職を増やしていくべきですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

プール当番で

今日はプール当番でした。最初曇りだったので、暑いからいいかなあ…と思ってタンクトップで行ったのが大失敗!その後見事にサンシャイン♪すっかり跡がつくほど日焼けしてしまいました…。

夏休みも終盤(うちは27日から2学期)なので、20人ぐらいと少な目の遊泳者。最初から友達同士で来る子もあまりおらず、来た子供同士で遊び始めました。男子の5,6名は異学年交流をしています。

自然にグループができて、その中でリーダーになる子がやはり自然発生的に出てきて、楽しげに遊んでいました。

でも…。

その遊び中でもめるんですよね。「ずるい!」とか、「なんでそうするの!」とかいった声が聞こえました。すると、解決するんじゃなくて「おれ、ぬける。」とか言ってグループの人数が減っていくんです。ありゃりゃ。

「どうしたの?けんかしたの?」「だって、○○○君が~するから…。」「え~だって…。」と、歩み寄る気配はありません。結局、もとの集団になることはありませんでした。

今の子供は集団遊びが成立しづらいのでしょうかねえ。やっぱり個々の子供の気持ちのもちようが大切ですね。

学級担任ではない今、継続的に指導ができないので、一言で子供の気持ちのもち方を変えられるような指導技術を身に付けないと、と考えさせられました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

おみやげ

日本代表はなんとか勝ちましたね。A代表はよくやったと思いますが、U-22は「ん~」ですねえ。やっぱり平山につきる。U-17も頑張ってほしいです。

さて、昨日の話ですが学校に行ってみると机の上に広島のおみやげが…。

「だれ?これ?」

と時限爆弾を見るような目つきで見ていたところ

「あ、それ卒業したI君が置いてきましたよ。」

あ~そういえば、そろばんの全国大会に行くっていってたっけなあ。おみやげ買ってきてくれたんだあ、としばし感激。

そのI君は小学校教員になるのが夢だそうです。教え子が教師になるのってなんだかうれしいです。え~と彼が大学卒業して、そのまま採用になったとすると…。

あ、私は56歳だ。ぎりぎりセーフ!一緒に勤められるといいなあ。ははは。無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はサッカー3連発!

今日はA代表、U22,U17と日本代表サッカーの試合が3連発!なので、あとでUPします。というか、結果次第ではUPしないかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

先生の夏休み

わが家では、亡父が強烈な巨人ファンであったためにずっと読売新聞を購読しています。読売新聞ではここ数年「教育ルネサンス」というコラムを毎日載せています。

今日の記事はこれ。

先生の夏休み~土日も懇談や部活~

あの有名な愛知県小牧市光が丘中学校の例を記事にしています。

うちの小学校は部活はありませんが、PTAの球技大会とかで夏休みでも土日に出勤することがありました。

巷ではいまだに、学校の先生は夏休みに子どもと同じように休んでいると思っている人がいるんですよね。土日出勤もあるっていうのにねえ。

昨日、今日から2学期がスタートした学校も多いようです。みなさん、ゆっくり休めましたか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

生きる力の次は「言語力」かあ

先日の中教審の発表について。みなさんご覧になりました?

「言語力」全教科で育成…中教審方針(読売ONLINE)

私が思うに、PISA型の読解力をまずはつけさせたい、ってとこかな。で、OECDの学力テストの順位を上げたい。

いやあ手っ取り早いですねえ。この方針。でも、そんなに簡単な話じゃあないよ!

グラフや資料の読み取りから、文章を書くことも多いテスト。単純に「言語力」って言っていいのか?国語、算数、理科の話は出ているけど、「社会」はどうした!!思考力・判断力の育成は急務だぞ。

結局、「総合力」が問われるんだな。学力テストの順位を上げるには。

でも、本当に現代の子どもに必要な力って何だろう?

コミュニケーション能力?判断力?問題解決力?

自分なりにもう少し整理してみたいと思います。

 

ところで、文科省のHPに見当たらないんだけど探し方が悪いんだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

いろいろな人と会えた

まだネットワーク夏集会のことです。(夏休みはネタが少ないので小出しに…)

今回の夏集会ではネットワークつながりだった人々とたくさん会いました。

①お笑い教師同盟の乙部さん。なんとMini-1の最中のジャンケンで会いました。あの乙部さんとこんなところで出会えるとは思ってもみませんでした。大変礼儀正しい方で、こちらが恐縮してしまいました。

②田中博史さん。社会科教育Fanでご一緒の方。あちらから声をかけていただきびっくりしました。田中さんは第1回のMini-1でも見事優勝しました。大変実力のある方です。

③中村健一さん。エレベーターのなかで「あ、キャラ本のJJさんですよね。あの本、気に入っています。自分の本より宣伝しています。」と大変うれしい一言でした。中村さんもかなりおもしろそうな方です。(ラウンドガールお疲れ様でした。)

④たんぽぽ出版の山崎さん。例のキャラ本の担当者の方です。温和そうな方で「おかげさまで売れ行き好調ですよ!山がかなり減りました!」と店頭販売の本の売れ行きについて話してくださいました。

他にも田中光夫さん(みっちゃん)とかにもお会いしました。

他にも、出会った人ではありませんが、初の体験を。

それは…。

自分の書いた本を読んでいる人を間近に見たことです。キャラ本を立ち読みしている人を見ると、やっぱり気になってしまう。「いやあ、これいいですよ。買ったらどうですか。」と言いそうになります。あと、休憩時間に買ったキャラ本を読んでいる人を見かけました。つうか、私のすぐ後ろの席の人です。思わず「どうですか。おもしろいですかあ?」と聞きそうになってしまいました。ははは。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

土作さんは…

昨日の続きです。

奈良県の土作先生のワークショップに参加しました。一度見てみたかったんですよね、土作さんのお笑いライブ。いやあ、予想通りの素晴らしいパワフルな内容でした。(少し、同じにおいがした…。ははは。)

なんといっても、私が最近意識して行っている「子どものいじり方(生かし方)」を間近で見られたことが収穫です。

参加者をいじるんですよ。それも笑いとともに。一番いじられた先生は、注目を集めていて、これがクラスだったら人気者になっちゃいますね。いやあ、うまかったです。参加している先生方をうまく生かしています。つまり、授業では子どもを生かせるってことです。

ウケなくても何でも自分のペースでどんどん進んじゃうけど、それがまたテンポがよくおもしろいのです。引き込まれますね。

ワークショップ後のMini-1での司会でも笑わせてくれました。

こんな先生が担任だったら確かに楽しいだろうなあ。きっと楽しいだけでなく力をつけてくれるのだろう、ということも垣間見えましたよ。

今回の夏集会を受けて、「ユーモアで子どもをいじって生かす」ということを2学期の目標の一つにすることにしました。いや、ふざけてないですよ。大真面目です。

今回はさらに別な面での収穫もありました…。それは次回…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

第1回東北青年塾セミナー

私がスタッフを務めております「授業づくりネットワーク・東北青年塾」の第1回セミナーが開かれます。以下、案内文です。

 

「子どもとのコミュニケーションがうまくいっていない気がする」
「授業になると休み時間で見られるような明るい表情が消えて子どもたちは沈んだ表情になる」「授業中のよどんだ空気をどうにかしたい」そんなことを感じたことはありませんか。一人で考え込むよりも同じような悩みを抱えている人たちが共に集まり学び合うことで、明日の授業を考えることができるのではないかと思います。学校に行くことが楽しくなるのではないかと思います。
 そんな考えのもと、東北地域に住む若手(だと思っている)教員、講師、教員志望の学生と一緒に「授業成立の基礎技術」の集積、開発、習得を行う「東北青年塾」を立ち上げることにしました。

 以下の通り、第1回の東北青年塾主催のイベントをご案内いたします。どなたでも、ご参加できます。下記をお読みの上、お気軽にお申し込みください。多数のご参加をお待ちしております。

               記

■日時 2007年9月8日(土) 13時~17時

■場所 宮城県民会館 401(中会議室)

■定員 30名

■内容
1 東北青年塾設立の趣旨説明 東北青年塾代表 阿部隆幸

2 自己紹介

3 模擬授業
 (1) ICTを活用した授業 佐藤正寿(岩手県奥州市立水沢小学校)
 今,ICTを活用した授業が重視されてきています。しかし,あくまでICTは授業の脇役。ただし,それは「名脇役」です。今回は,フラッシュ型教材・クイズ型教材・画像や図を活用した教材等の模擬授業を,名脇役とともに行います。


 (2) クラスの雰囲気を明るくするミニネタ 佐々木潤(宮城県石巻市立湊第二小学校)
 朝から子どもたちがどよ~んとしていることはありませんか?その雰囲気をそのまま一日引きずってしまうことも。そんなときにクラスの雰囲気を明るくするミニネタを紹介します。


 (3) ワークショップ型授業 阿部隆幸(福島県本宮市立糠沢小学校)
 教師の説明、発問、指示だけで進める授業が苦手な子どもたちが増えてきています。これに対応する方法として、教師の働きかけを減らして子どもたちの活動時間を増やし、自由度を広げる授業が考えられます。その一つであるワークショップ型授業を体験していただきます。

4 ミニ講演「授業成立の基礎技術の今」 上條晴夫(東北福祉大学)
 上條先生は全国の学級崩壊現象を詳細に分析したことで有名です。最近では、日常化した学級の荒れに対し警鐘を鳴らし、それに対応できる授業技術を広めていこうと日本全国を駆け回っていらっしゃいます。
 今回の講演では、全国を巡っての様子から「授業成立の基礎技術の今」について語ってもらうようにお願いしてあります。
 講演20分+質疑30分(計50分)という時間構成です。授業成立に関連する疑問をぜひ問いかけてみてください。

5 「授業成立の基礎技術を考える」ワークショップ
 参加者はいくつかのグループに分かれてもらいます。2学期に行う教科、単元を念頭に小グループで話し合ってもらい「授業成立の基礎技術」を意図した模擬授業を考えてもらいます。ワークショップのゴールは小グループごとに見せ合う5分間の模擬授業です。


6 次回(第2回東北青年塾)の連絡

* 終了後、仙台駅近くのお店で懇親会を開催します。

■参加費 500円
(懇親会に参加する方は別途3000円)
*当日受付にてお支払いください。

■申し込み先
iabetaka@yahoo.co.jp(阿部隆幸)へ以下の必要事項を書いてお申し込みください。
(1) お名前
(2) 勤務先
(3) 教師(講師)経験年数
(4) メールアドレス
(5) 懇親会参加の有無
(6) 一言

■問い合わせ先
阿部隆幸(iabetaka@yahoo.co.jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅くなりましたが… ネットワーク夏集会

遅くなりましたが、授業づくりネットワーク・夏集会に参加したときのことをお伝えします。

私は2日目だけ参加しました。

まずは、私の憧れの有田和正先生の講話。いかに笑いを授業に取り入れるかという話でした。「笑いは病気を治す」「快の笑いを増やす」「子どもは体験したことしか分からない」などなど、いつもの軽妙な語り口でお話してくださいました。

なかでも印象に残ったことは「ユーモアは対応の技術である」ということです。私も今まで漠然となんとなく感じていたことですが、はっきりと言葉に整理してくれた感じがします。

そう、ユーモアで対応することでクラスの雰囲気が明るくできる、私の学級づくりの基本です。改めて認識できました。

次は、奈良の土作先生のワークショップに参加しました。この模様は明日に…。

 

しばらく更新を休んでいましたが、先週から子どもたちと東京に旅行へ行き(夏集会へはこの合間に参加)帰りに甥と姪をつれて家に帰り、お盆中は親戚が来たりと、忙しい日々だったのでした。それにこの猛暑でしょ。少し体調も下降気味でした。ちょっとブログを更新する元気がなかったので…。明日からは、少しずつ頑張ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

広島の日

今日は広島に原爆が落とされた日です。

心なしかいつもの年よりも報道が少ないような気がするのは私だけでしょうか。参院選での民主党の躍進や安倍首相の進退問題の報道のほうが多いようです。

子どもたちに原爆のことを教えるときにいつも思うのは、アメリカの論理です。「原爆が落ちたおかげで戦争が終わり、何万もの人々の命が救われた。」本気ですかね。

だったら広島に1発だけでよかったはずです。違う型の爆弾を長崎に落とす必要はないです。

いまだに2次大戦の戦勝国が幅を利かせている国連。その下部機関のIAEA。「核拡散防止条約」ってのも理不尽な話。核をもっていい国と悪い国があるなんて普通に考えておかしいですよね?

核を持って他の国を脅すような国のために、っていうのなら国連が持てばいい。「沈黙の艦隊」じゃないけど、抑止力として必要なら独立した国ではだめでしょ。

本当にひどい話だ。日本は唯一の被爆国としてもっと国際社会にアピールしてほしいけど、アメリカの核の傘に守られている現状では説得力ないよなあ。

このことは子ども達にも考えさせたりするのですが、大人が考えてもわからない問題なので「そういうことはやめたほうがいい」ということを言う人もいます。

でもねえ、子供の頃から疑問をもって生活してほしいので、わたしはあえて事実は教えています。考え方、感じ方は押し付けません。

核の問題はとても難しいです。でも、考えるのをやめてはだめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島へ

先週の金曜日に福島県へ修学旅行の下見に行って来ました。

学級担任+教務主任の私というメンバーです。まあ私は昨年6年担任ですから、その辺も加味しての派遣ではなかったかと思います。

磐梯山噴火記念館や野口記念館、自主研修で行くであろう体験学習の店舗などを見てきました。

で、昨年発見したことですが、裏磐梯にあるセブンイレブンやエネオス、ホットスパーの看板は茶色系になっています。

これは景観を壊さないようにするためらしいです。国立公園がある地域では景観条例を制定しているところが多いのです。

今回ちょっと気になったのは、やっぱりセブンイレブンの看板。

これは福島県に限ったことではないのですが、例のお馴染みの看板が「低い」のです。それも新しい店舗にこの低い看板が多いのです。

普通に考えれば「高い」方が目だっていいと思うのですが、なぜか「低い」。高さにして約2~3m。

ん~なんでだろ。調べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

ようやく夏

東北南部も梅雨明けし、ようやく夏らしくなってきました。

昨日,今日は石巻の川開き祭りです。1日目の夜の花火大会はすごいっすよ。長岡や大曲の次ぐらいの規模ではないかと地元民ひいき丸出しの見解です。

今日は市内小学生による鼓笛隊パレードがありました。

これ、かれこれたぶん50年ぐらい続いていると思います。毎年夏の恒例行事です。高学年を担任することの多かった私はいつも引率で一緒にパレードと歩くのですが、今年は教務主任なので楽器運びとジュース運びでパレードそのものは一切見てません。まあねえ、仕方ないのですが、やっぱりさびしいですよね。子どもたちが一生懸命に頑張っている姿を見られないってのは。しかも、今年の6年生は4年生のときに担任した子どもだったのでなおさらです。

でも、冷やしたジュースをもっていったときの子どもたちの満足げな表情を見て、ん、頑張ったな、と感じることができたのでまあいいかな。

事務仕事もあらかた終わり、ようやくゆっくりと自分のことに気持ちが向けられそうです。

今日はレンタルしてきた漫画「ごくせん」を読んでのんびりしました。こういう頭使わないのがいいなあ。切り替えできて、ね。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »