« 立場が変わると… | トップページ | 首が… »

2007年7月11日 (水)

あいた口がふさがらない

昨日、当市のコンピュータ配備計画を知りました。今年度、リース契約が切れるということで新しいPCが夏休み中に配備されることになりました。もっと使いやすくなるんだろうかと期待していたら…。

目が点になりました。

あいた口もふさがらなくなりました。

各校に配備される児童用PCは10台!

あと、普通教室用に3年以上の学級数分のノートPCが配られます。わが校の場合合計で15台。学級の人数によっては3,4人で1台という計算です。

え~…。

こんなんで情報教育の推進なんて…。いくらお金がないとはいえこれはひどい。今の方(PC教室に集中させて29台)が使い勝手がいいです。

昨年のイントラ整備(光になったけどソフトを勝手に入れられない。ドライバーすらだめなんですよ!)といい、どうも市のICT事業は納得いかないです。

でも、決定事項ということなのでこれでいくしかないようです。ひどい話だ。

|

« 立場が変わると… | トップページ | 首が… »

ICT」カテゴリの記事

コメント

文部科学省からの速報値が出ていましたね。
次回は市町村別に発表されるのでは。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/06/07061209.htm

投稿: 訪問者 | 2007年7月12日 (木) 06時29分

訪問者さん、コメントありがとうございます。
いい情報をありがとうございました。1台あたり7.3人が平均だったとは知りませんでした。これでいくとまだいい方なんですね。でも、これでは情報教育も発展しませんねえ。

投稿: JJ | 2007年7月12日 (木) 22時27分

1台あたりというのは、
学校の子どもの数で割ったら、ということです。

目標値 3.6人/1台
(1校あたり)
コンピュータ教室 42台
クラス用コンピュータ(移動式)40台
普通教室 各2台
特別教室 6台 ですから。

投稿: 訪問者 | 2007年7月13日 (金) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154784/15728498

この記事へのトラックバック一覧です: あいた口がふさがらない:

« 立場が変わると… | トップページ | 首が… »